BODYMAKER×アスリート

今、大注目のアスリートたちをボディメーカー取材班が突撃インタビュー。他ではちょっと聞けないここだけの話が飛び出すスペシャル企画。

ラグビー NTTdocomoレッドハリケーンズ河野悠輝選手来訪

NTTdocomoレッドハリケーンズ所属の河野悠輝選手が当社にお越しくださいました。昨年トップウエストで優勝を果たし、今期トップリーグでまた新たな戦いに挑みます。意気込みのほどを伺いました。------チームとして目指すのはまずは一つ一つの試合に集中し、勝ち星を挙げていくこと。トップエイト入りは必ず目指して行きたいです。僕個人は、開幕に向けて新コーチのもとで新たなトレーニング方法を学んでいます。今まで重量に依存していたトレーニング方法から、やりかたを変えただけで身体測定それぞれの数値が驚くほど変わりました。身体作りに関しては新しい方法で結果を出せているので、開幕が楽しみです。--------ま...
続きを読む

空手 新極真会 荒木千咲選手凱旋訪問

本日、荒木千咲選手が凱旋訪問してくださいました。世界大会「第6回全世界ウエイト制空手道選手権大会」優勝のお話を聞くことができましたので、皆様にもシェアさせていただきます!-----------------------試合が決まった時は不安でプレッシャーを感じましたが、もう「練習するしかない」と心に決めてからはひたすら練習に励みました。そのせいか、大会当日は落ち着いた気持ちで迎えることができ、試合中も気負うことなく勝ち進めることができました。決勝戦では、自分を信じて戦い抜くことができました。皆さんの応援があり、仲間の支えがあったからこそだとおもいます。決勝戦の前は緑師範と目が合い、ものすごいパワ...
続きを読む

BODYMAKER×アスリート(32)中村優也

2017.5.3(wed)大淀コミュニティセンター「Fight Night」レポート 残念ながら対戦相手である平野拳生選手が体調不良による棄権のため、急遽、中村優也選手によるエキシビジョンマッチとなりました。 相手を務めたのはなんと中村選手より13kg重い相手で元プロの西の新人王の山本選手になりました。 3分3ラウンドを行い、中村選手の魅力でもあるアグレシッブでパワフルな攻めで場内をわかせました。 試合後、中村選手からあいさつの言葉がありました。 「今回はみなさん残念な結果になってしまい申し訳なく思います。これからももっと頑張って、世界をめざして、皆さんといい夢を見ようと思っていますので...
続きを読む

山本優弥選手 引退セレモニー【Krush.65】

山本優弥選手の引退セレモニー【Krush.65】が開催されます。 2016年4月10日(日)、東京・後楽園ホールで開催される「Krush.65」内で、我がBODYMAKERファミリーの山本優弥選手の引退セレモニーが行われます。その人柄から多くの仲間に愛されてきた優弥選手。引退を惜しむ声も多く聞かれる中、どんなセレモニーとなるのでしょう。 ■山本優弥選手からコメントをいただきました! ーー2001年9月、17歳という若さでプロデビューした優弥選手。 現役生活は14年半で終わることになりました。 「練習が大好きで、その延長上に試合があっただけ。でも、誰よりも一生懸命練習していたという自負はありま...
続きを読む

寺戸伸近選手、宣言通り、第5代Krush-55kg王座に!

【試合結果】寺戸伸近選手 Krush.63 去る月20日(日)に後楽園ホールで行われた「Krush.64」。そのメインイベント(第9試合・3分3R・延長1R)であるタイトルマッチにて、我がBODYMAKERファミリーの寺戸伸近選手が、見事、勝利!悲願の「-55kg王者」の座を獲得しました。5年ぶりのベルト奪取です。 会場は、超満員札止めとなる1950人の観客で熱気で満ちあふれていました。そんな中、挑戦者・寺戸選手が、王者・堀尾選手に挑むタイトルマッチがスタート。ジャブや前蹴りで距離を取る堀尾選手に対し、寺戸選手は細かくフェイントを入れて右ローを蹴り、じりじりと前に出て、パンチで飛び込...
続きを読む

【試合情報】神戸翔太選手

神戸翔太選手 Krush.63 BODYMAKERファミリーとしてモデルでも活躍中のファイター、神戸翔太選手。期待の若手として大注目の神戸選手が、2016年2月5日(金)、東京・後楽園ホールにて「Krush.63」に出場します!「王者のタイトル」を賭けた試合です。ぜひ応援よろしくお願いします! ■神戸翔太選手からコメントをいただきました! 昨年は4戦3勝1敗の成績でしたが、あまり感情に残る試合ができませんでした。そして今年初めての試合が、この「Krush.63」の王者決定戦!やっぱりタイトルマッチになるといつもと違うプレッシャーがあります。でもこの緊張感が自分は好きですね。減量も特...
続きを読む

BODYMAKER×アスリート(32)河野悠輝

BODYMAKERファミリーであり、今期、パナソニックワイルドナイツからNTTドコモレッドハリケーンズに電撃移籍をした河野悠輝選手。 その素顔に迫ってみた。 河野悠輝(かわの ゆうき) ジャパンラグビートップリーグNTTドコモレッドハリケーンズ 所属 ポジション:プロップ チーム経歴:パナソニックワイルドナイツ(~2015年3月) トップリーグ連覇中のパナソニックワイルドナイツからの突然の移籍 移籍のきっかけは? パナソニックで8年プレーしていたのですが、漠然といつかは西日本で生活をしたいという想いがありました。 僕も奥さんも西日本出身なので。 そこにレッドハリケーンズから...
続きを読む

【試合情報】神田桃子選手

神田桃子選手 BODYMAKERファミリーとしてモデルでも活躍中のファイター、神田桃子選手。 2015年11月11日(水)、東京・後楽園ホールにてWBO女子世界ミニフライ級タイトルマッチに挑戦します! 対戦相手は、「WBO女子世界ミニフライ級」のチャンピオンである、池原シーサー久美子選手(フュチュール所属)。 神田桃子は、挑戦者として、このタイトルに挑みます。 王者・池原選手にとっては、3度目の防衛戦。挑戦者としての神田選手は、持ち前の負けん気の強さは誰もが認める魅力。 見ごたえも十分、必見の戦いになることは間違いありません! ■神田桃子選手、試合前にコメントをくださいました! 11月11日...
続きを読む

BODYMAKER×アスリート(31)石川直生

BODYMAKERファミリーであり、現役引退を目前に控える石川直生選手にお話を伺いました。 石川 直生(いしかわ なおき) 1979年生まれ。東京都出身。 15歳でキックボクシングを始め、数々の大会に出場。 第2代全日本キックボクシング連盟スーパーフェザー級王座。 石川直生オフィシャルブログ(外部サイトにリンクします)  66戦して見えてきた、未来の自分 ―長年キックボクシングを続けて来られました。 15歳でにキックを始めて、21年になります。19歳でプロデビューしましたが、一度も大きな怪我をしたことがなく、爆弾と言われる古傷もありません。昨年4月の「Krush.40」以降、リングから遠ざ...
続きを読む

BODYMAKER×アスリート(30)中村優也

ボクシングに仕事に、日本と海外を往復する中村優也選手。海外で活動している理由や、今後の目標についてお話を伺いました。 中村 優也(なかむら ゆうや) 1990年5月4日生まれ。大阪府出身。 WBCアジアバンタム級チャンピオン。 海外を拠点に活躍中。 2015年2月開催「天神ファイト」  世界でチャンピオンベルトをとる! ―空手からボクシングに転向したとか。 小学5年から中学3年まで極真空手をやっていました。顔面キックはあったけど顔面パンチはなかったから、パンチをやりたいなと思ってボクシングに転向しました。高校に行くつもりはなかったんですけど、ボクシング部なら続くかなと思って。奈良工業高等...
続きを読む

BODYMAKER×アスリート(29)山田壮太郎

BODYMAKERサポートアスリートの、男子砲丸投前日本記録保持者・山田壮太郎選手にお話を伺いました。 山田 壮太郎(やまだ そうたろう) 1985年8月7日生まれ。兵庫県出身。 中学から陸上競技を始め、砲丸投選手として数々の大会に出場。 男子砲丸投前日本記録保持者。 身長179cm、体重113kg。 BODYMAKERサポートアスリート 山田壮太郎 職業砲丸投 山田壮太郎のブログ(外部サイトにリンクします)  世界を目指して自ら信じるトレーニングに邁進する ―観覧車が苦手だとか。 高いところが苦手です。観覧車もジェットコースターも高いですね、決して行かないです(笑)。東京タワーも行ったこ...
続きを読む

BODYMAKER×アスリート(28)三島☆ド根性ノ助

総合格闘技道場コブラ会の三島☆ド根性ノ助会長にコブラ会についてお聞きしました。 三島☆ド根性ノ助(みしま どこんじょうのすけ) 1972年生まれ。兵庫県出身。 元DEEPライト級王者、元DEEPフェザー級王者。 総合格闘技道場コブラ会主宰。 総合格闘技道場コブラ会(外部サイトにリンクします)  「強くなりたい」の一心で進んできた道 ―三島会長が総合格闘技をはじめたきっかけはなんですか? もともと柔道をやっていて、強さを求めて総合格闘技をやり始めました。総合格闘技は、打撃・投げ・関節技・締め技、全てができるんで。絶対に誰にも負けないと思ってやっていました。アマチュアでしたけど、何かを背...
続きを読む

BODYMAKER×アスリート(27)荒木千咲

空手女子重量級で国内外で輝かしい成績を連続で残している、荒木千咲選手にお話を伺いました。 荒木 千咲(あらき ちさき) 1996年生まれ。 志輝会館所属。 2010年 白蓮会館全日本空手同選手権大会 一般女子の部 重量級 優勝。      ルーキーズカップ 優勝。 2012年 第4回統一全日本空手同選手権大会 一般女子上級55kg以上の部 準優勝。      W・K・O空手ワールドカップ 女子重量級 準優勝。      全関東空手道選手権大会 女子有段の部 重量級 優勝。 2013年 第12回全関西空手道選手権大会 一般女子の部 無差別級 準優勝。 2014年 第30回オープントーナ...
続きを読む

BODYMAKER×アスリート(26)神戸翔太

Krushで活躍中の、群馬県出身のキックボクサー・神戸翔太選手。格闘技一本の人生、これまでを振り返っていただきました。 神戸 翔太(かんべ しょうた) 1993年生まれ。群馬県出身。 170cm、65kg。 POWER OF DREAM/TEAM AK所属。 16戦12勝(3KO)3敗1分(2015年6月現在)。 BODYMAKER サポートアスリート 神戸翔太 神戸 翔太 | Twitter(外部サイトにリンクします)  日本一を目指して前に進むのみ ―小学校1年生の時に極真空手を始め、中学校1年生でボクシングを習い始めたとか。 ジャッキー・チェンの映画みて憧れて、空手を始めま...
続きを読む

BODYMAKER×アスリート(25)前田勝汰

和歌山で空手を続けている兄弟の、弟・前田勝汰選手のインタビューです。「マイペースだとよく言われる」という勝汰選手。空手一本だけではなく職場の方や友人との交流も忘れず、おおらかさの中に空手の強さを秘めています。 前田 勝汰(まえだ しょうた) 1993年生まれ。和歌山県出身。 168cm、75kg。 新極真会 和歌山支部所属。 2012年 第29回ウエイト制大会 中量級 優勝。 2013年 第5回カラテワールドカップ 中量級 3位。 2014年 第1回フルコンタクト空手道選手権大会男子軽重量級(75-85kg)3位。 2014年 第46回全日本大会 6位・敢闘賞。 兄は前田優輝選手。 ...
続きを読む

BODYMAKER×アスリート(24)前田優輝

前回のインタビューから早1年半。その後、2014年5月「第1回フルコンタクト空手道選手権大会」男子中量級で優勝しました。この4月から社会人2年目。和歌山で空手を続けている兄弟の、兄・前田優輝選手のインタビューです。 前田 優輝(まえだ ゆうき) 1991年生まれ。和歌山県出身。 170cm、65kg。 新極真会 和歌山支部所属。 2011年 第10回世界大会 敢闘賞。 2011年 第28回ウエイト制大会 軽量級 優勝。 2013年 第5回カラテワールドカップ 軽量級 準優勝。 2014年 第1回フルコンタクト空手道選手権大会男子中量級(65-75kg)優勝。 2014年...
続きを読む

BODYMAKER×アスリート(23)『チーム吉鷹』

『チーム吉鷹』は、シュートボクサー吉鷹 弘氏が「格闘技業界の技術の底上げに尽くしたい」という想いで立ち上げた格闘技練習会。別名"虎の穴"とも呼ばれる練習会を取材した。 吉鷹 弘(よしたか ひろむ、男性、1968年1月9日 - ) 日本のシュートボクサー。 高校より柔道を学び(段位は四段)、大学より極真会館中村道場(兵庫支部)で極真空手を学び、その後シュートボクシングに転向する(北摂ジム所属)。 シュートボクシングではプロファイターとして活躍。当時の欧州キック界の名立たる一流選手(ラモン・デッカーなど)やムエタイ戦士と多数対戦。 好成績を収めた。 1998年、現役引退。その後、格闘技・武道...
続きを読む

BODYMAKER×アスリート(22)レッツ豪太

日本MMA界ウェルター級の中心的存在、レッツ豪太選手。次戦まであとわずか、あらためて格闘技を始めた経緯を振り返りました。 レッツ豪太(レッツごうた) 1989年生まれ。兵庫県出身。 2011年 修斗 新人王トーナメント ミドル級準優勝。 2012年 STRIKER ストライカールール スーパーミドル級王者。 2014年 キング・オブ・パンクラシスト ウェルター級王者。 総合格闘技道場コブラ会所属。 BODYMAKER サポートアスリート レッツ豪太--> レッツ豪太選手 公式ブログ(外部サイトにリンクします) BODYMAKERサポートアスリート・レッツ豪太の素顔 ―小学生から続けていた...
続きを読む

BODYMAKER×アスリート(21)岩谷忠男

岩谷忠男選手は25歳からボクシングを始め、30歳にプロボクサーとなった遅咲きの選手。次戦の意気込みを語ってくれました。 岩谷忠男(いわや ただお) 1983年生まれ。大阪府出身。 バンタム級プロボクサー。 2010年 国体大阪府予選新人戦 優勝。 2011年 全日本社会人大阪府予選 優勝。 アマチュア戦績:11戦7勝(3KO)4敗。 プロ戦績:3戦1勝2敗。 神拳阪神ボクシングジム所属。 岩谷忠男選手 神拳阪神ボクシングジム(外部サイトにリンクします) アマとプロの1勝は大きく違う プロの1勝はすごく気持ちいい ―ボクシングを始めたきっかけは何でしたか? 兄が「キックボクシングを始めた...
続きを読む

BODYMAKER×アスリート(20)奥田啓介

アントニオ猪木氏率いる「イノキ・ゲノム・フェデレーション(以下IGF)」の奥田啓介選手。プロレスラーとしてデビューするまでの格闘技人生を語っていただきました。 奥田啓介(おくだ けいすけ) 1991年生まれ。三重県出身。 小学校時代、極真会館OSAKA's CUP優勝。 レスリング全国高校生グレコローマン選手権大会84kg級第3位。 GENOME戦績 18戦2勝13敗3分。 IGF所属。 奥田啓介選手 公式ブログ(外部サイトにリンクします) 人生一回きりなんだから、プロレスをやりたい! ―奥田啓介選手、いつからプロレスに憧れていたんですか? 初めてプロレスを見に行ったのが小学二年生の...
続きを読む

BODYMAKER×アスリート(19)寺戸伸近

熱いキックボクシングを見せてくれる寺戸伸近選手。試合まで約1か月、これまでとこれからのキックボクシング人生を振り返っていただきました。 寺戸伸近(てらど のぶちか) 1980年生まれ。島根県出身。 ISKA世界バンタム級王者。 第24代全日本バンタム級王者。 M-1バンタム級王者。 RISE 55kg級王者。 Booch Beat所属。 BODYMAKER サポートアスリート 寺戸伸近 寺戸伸近選手 公式ブログ(外部サイトにリンクします) "軽量級のレジェンド"寺戸伸近選手が「K-1 WORLD GP」の大舞台に立つ ―キックボクシングを始めたのが21歳からだったんですね。 大学時代...
続きを読む

BODYMAKER×アスリート(18)山本優弥

インタビュアーの緊張した様子を見て、「一緒にインタビューを作っていきましょう!」と場を和ませてくれた山本優弥選手。明るいキャラクターの中に秘める格闘家としての炎、インタビューから垣間見ました。 山本優弥(やまもとゆうや) 1984年生まれ。広島県出身。 K-1 WORLD MAX 2009世界トーナメント第3位。 K-1 WORLD MAX 2009&2011日本トーナメント準優勝。 第23代全日本ウェルター級王者。 2001全日本新空手K-2軽量級王者。 Booch Beat所属。 BODYMAKER サポートアスリート 山本優弥 山本優弥選手 公式ブログ(外部サイトにリンクしま...
続きを読む

BODYMAKER×アスリート(17)神田桃子

神田桃子選手は、WBCアジア女子アトム級王座を防衛中のプロボクサー。大阪生まれのオモロイボクサー、キュートな顔に秘めた闘志を知るべくインタビューしました。 神田桃子(かんだ ももこ) 1986年生まれ。大阪府出身。 女子アトム級プロボクサー。 2014年WBCアジア女子アトム級王座獲得。 勝又ボクシングジム所属。 ボクサー桃子の、やっぱ好っきゃねん!!(外部サイトにリンクします) チャンピオン目指して奮闘中、女子プロボクサーの意外な素顔 ─ボクシングを始めたきっかけは何ですか? 12年前、16歳の時に母に連れられて実家近くのボクシングジムに行ったのが最初です。それまで虚弱体質で、子供...
続きを読む

BODYMAKER×アスリート(16)大村詠一

大村詠一選手は、技術と芸術性を併せ持つエアロビック競技で、日本一を2回獲得したことがある、日本エアロビック界の第一人者。一方では、幼少の頃から1型糖尿病と向き合っている患者でもあります。そのハンディを力に変えて、様々な活動をする大村選手にインタビューしました。 大村詠一(おおむら えいいち) 1986年生まれ。熊本県出身。 エアロビック競技選手。 認定特定非営利活動法人 日本IDDMネットワーク 専務理事。 熊本国府高等学校 非常勤講師(エアロビック同好会顧問)。 西日本短期大学 非常勤講師(エアロビックダンス1、体操)。 熊本大学教育学部 技術補佐員(物理)。 エアロビッククラブ Te...
続きを読む

BODYMAKER×アスリート(15)高山勝成選手&菊華高校

2014年8月の試合を終え、名古屋・菊華高校での学生生活に戻った高山勝成選手。9月、BODYMAKERは高山選手と菊華高校、高校ボクシング部に取材しました。大晦日の試合を控えた今、振り返って秋の様子をお伝えします。 高山勝成(たかやま かつなり) 1983年生まれ。大阪府大阪市出身。 第10代WBC世界ミニマム級王者。元WBA世界ミニマム級暫定王者。第19代IBF世界ミニマム級王者。 仲里ジム所属。 トレーナーは中出博啓氏。 BODYMAKER サポートアスリート 高山勝成 高山勝成選手公式サイト(外部サイトにリンクします) ...
続きを読む

BODYMAKER×アスリート(14)網本麻里選手

いつも楽しそうに車いすバスケットの話をしてくださる網本麻里選手。練習の合間にインタビューに答えてくださいました。  BODYMAKER×アスリート(12)網本麻里選手 網本 麻里(あみもと まり) 車いすバスケットボールプレーヤー。ポジションはフォワード。 2008年、北京パラリンピックで7試合で133点をとって得点王に輝く。 BODYMAKERサポートアスリート 網本麻里 網本麻里選手 公式ブログ(外部サイトにリンクします)  2016リオデジャネイロ パラリンピックに行きたい! ―世界選手権に出場されました。 今回の世界選手権12か国のうち、アジア・オセアニア枠の上位5位以上にどこ...
続きを読む

BODYMAKER×アスリート(13)山口賢一選手

山口賢一選手は、海外の試合に積極的に出場するプロボクサー。彼という草分けがいたからこそ「海外」という大舞台でベルトを取りに行く高山勝成選手の道筋も開けてきました。選手であり、ジム経営者であり、高校大学のボクシング部監督もする、山口賢一選手にインタビューしました。  BODYMAKER×アスリート(8)山口賢一選手 山口 賢一(やまぐち けんいち) 元WBOアジア太平洋スーパーバンタム級暫定王者。 大阪天神ジム会長。 大阪天神ジム公式サイト(外部サイトにリンクします)  考え方ひとつで行動が変わる、行動を変えると自信につながる ■取材当日、山口選手は高山勝成選手の試合前スパーリング練習に向...
続きを読む

BODYMAKER×アスリート(12)原田夏綺選手

素直で正直な人。そういう印象の原田夏綺選手は、スピードとダイナミックを持ち味とされる選手です。空手に対する真剣な姿勢は誰よりも強く、強さへの執着心から出されるインタビューとなりました。  BODYMAKER×アスリート(10)原田夏綺選手 原田 夏綺 (はらだ なつき) 少林寺流空手道 錬心舘(れんしんかん)河内地区本部・枚方支部所属。 2014年6月現在、少林寺流全国空手道選手権大会で2連覇中。 錬心舘公式サイト(外部サイトにリンクします)  ただ、強くありたい ―BODYMAKERをご存知ですか? 小さな頃から知っています。サポーターは指がしっかり出るタイプがあり、とても使い易かった...
続きを読む

BODYMAKER×アスリート(11)原田大夢選手

「僕、メンタル弱いです。」 アスリートとしては驚きの発言から始まった、原田大夢選手のインタビュー。自分の弱い部分をよく理解してるからこそ強い彼は、スピード命で決めていく速さの選手でもありました。  BODYMAKER×アスリート(9)原田大夢選手 原田 大夢 (はらだ ひろむ) 少林寺流空手道 錬心舘(れんしんかん)河内地区本部・枚方支部所属。 2013年、第44回少林寺流全国空手道選手権大会にて準優勝を飾る。 錬心舘公式サイト(外部サイトにリンクします)  切磋琢磨する仲間とともに ―BODYMAKERをご存知ですか? はい、知ってます。全てBODYMAKERの商品で練習していました...
続きを読む

BODYMAKER×アスリート(10)池上泰地選手(池上兄弟)

2020年東京オリンピックにBMXで世界初となる兄弟出場を目指している「池上兄弟」。 日本国内では競技人口が約1000人余、海外でも少人数のBMX。海外遠征のコストや度重なる怪我にも負けず「自転車がおもしろい」と活動を続けている池上兄弟の弟・泰地さんが、BMXの魅力について語ってくれました。  BODYMAKER×アスリート(12)池上泰地選手 池上 泰地 (いけがみ たいち) BMX競技者。 「池上兄弟」弟。1999年大阪府出身。 2012年、世界選手権大会にて1/8FINALまで勝ち進む(イギリス)。全日本シリーズ戦優勝(新潟)。 2013年、UCI BMX世界選手権でボーイズ14歳...
続きを読む

BODYMAKER×アスリート(9)池上悠斗選手(池上兄弟)

BMXのレースは、20インチのタイヤを使った競技用自転車で激しい起伏のある専用コースを予選を勝ち抜いた8名のライダーで競い合うものです。年齢層も幅広く、5歳から大人(30歳以上)までの競技者が選手として日々練習しています。2008年の北京オリンピックより正式種目として登録されました。 幼少の頃よりBMXを続けている池上兄弟。兄・悠斗さんにBMXに対する思いをインタビューしました。  BODYMAKER×アスリート(11)池上悠斗選手 池上 悠斗 (いけがみ ゆうと) BMX競技者。 「池上兄弟」兄。1996年大阪府出身。 2012年、世界選手権大会出場(イギリス)。全日本シリーズ戦優勝(...
続きを読む

BODYMAKER×アスリート(8)岩﨑勇次選手

錬心舘(れんしんかん)の試合では防具着用は必須の、顔面の突きも行う激しい空手。そんな激しい競技とは裏腹に、岩﨑勇次選手は穏やかそのもの。終始笑顔でインタビューに答えてくれました。  BODYMAKER×アスリート(8)岩﨑勇次選手 岩﨑 勇次 (いわさき ゆうじ) 少林寺流空手道 錬心舘(れんしんかん)河内地区本部・枚方支部所属。 2014年6月現在、全国空手道選手権大会で2連覇中。 錬心舘公式サイト(外部サイトにリンクします)  自分が唯一、本気になれるのが空手 ―BODYMAKERをご存知ですか? 知っています!練習時にレッグサポーターレギュラーや、肘のサポーターを使用してます。特に...
続きを読む

BODYMAKER×アスリート(7)京都明徳高校ダンス部

昭和34年から創作ダンス部が始まった京都明徳高校。 今では全国大会毎年出場という強豪のダンス部、その秘密に迫りました。  BODYMAKER×アスリート(7)京都明徳高校ダンス部 顧問 岩倉真紀子氏 岩倉 真紀子(いわくら まきこ) 京都明徳高校 ダンス部顧問。 2014年3月、American Dance Drill Team Nationals/Internationals Competition (ミスダンスドリルインターナショナル)にて総合優勝、HIPHOP優勝など 数々の大会で頂上に輝くダンス部に育て上げた。 京都明徳高校公式サイト(外部サイトにリンクします)  「できない...
続きを読む

BODYMAKER×アスリート(6)安田由紀奈選手

 BODYMAKER×アスリート(6)安田由紀奈選手 プロボクサーであり、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属の安田由紀奈選手。華奢で愛らしい外見とのギャップが気になる、安田選手へのインタビューです。  ボクサーとして、芸人として 安田 由紀奈(やすだ ゆきな) 1989年生まれ。大阪府出身。 よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。 井岡ボクシングトレーニングジム所属。 安田由紀奈選手公式ブログ(外部サイトにリンクします) ―BODYMAKERをご存知ですか? はい、知っています!緑色のサウナスー...
続きを読む

BODYMAKER×アスリート(4)前田優輝選手

2013年4月、第5回カラテワールドカップで準優勝を果たした前田優輝選手。学生として勉強に資格取得に忙しい日々の中、毎日稽古に励んでいます。先人に学び、後進の目標となるよう自身を鍛える、志の強さを秘めた前田選手にインタビューしました。 前田 優輝(まえだ ゆうき) 1991年生まれ。和歌山県出身。 第5回カラテワールドカップ 軽量級 準優勝。 第10回世界大会 敢闘賞。 新極真会 和歌山支部所属。 前田優輝選手(外部サイトにリンクします)  BODYMAKER×アスリート(4)前田優輝選手  家族とともに成長する ―BODYMAKERをご存知ですか?  はい、いつも愛用しています。今日...
続きを読む

BODYMAKER×アスリート(3)落合光星選手

2013年10月、第45回全日本空手道選手権大会で優勝を果たした落合光星選手。現在は会社員として勤めながら稽古する日々。今後の空手をけん引する大きな存在です。 落合 光星(おちあい こうせい) 1991年生まれ。和歌山県出身。 第5回カラテワールドカップ 重量級 日本代表。 第10回世界大会 日本代表。 新極真会 和歌山支部所属。 落合光星選手(外部サイトにリンクします)  BODYMAKER×アスリート(3)落合光星選手  新極真会のエース ―第45回全日本空手道選手権大会での優勝、おめでとうございます。  ワールドカップ、世界大会共に推薦して頂いたのに良い結果を残す事ができませ...
続きを読む

BODYMAKER×アスリート(2)網本麻里選手

 BODYMAKER×アスリート(2)網本麻里選手  女子車椅子バスケットで世界に挑戦 BODYMAKERサポートアスリートの網本麻里選手。 2013年9月、オーストラリアで開催された『Women's National Wheelchair Basketball League(2013女子ナショナル車椅子バスケットボールリーグ決勝)』で、『Final tournament MVP』を受賞しました。リーグ戦では準優勝の戦績を残し、個人・チームともに充実した試合の様子を報告するため、BODYMAKER本社に来て下さいました。 網本 麻里(あみもと まり) 1988年生まれ。大阪府大阪市出身...
続きを読む

BODYMAKER×アスリート(1)好川菜々選手

 BODYMAKER×アスリート(1)好川菜々選手  世界チャンピオンを目指す女子プロボクサーの素顔 好川 菜々(よしかわ なな) 1978年生まれ。大阪府藤井寺市出身。 全日本女子アマチュアボクシング選手権大会でフライ級、ライトバンタム級、フェザー級の3階級を制した女子チャンピオン。 2008年 世界選手権日本代表。 2012年 世界女子ボクシング選手権大会フェザー級ベスト16入りを果たす。 2013年7月にプロへ転向。 雅ボクシングジム(大阪狭山市)所属。 ・以前からBODYMAKERはご存知でしたか?  もちろんです!サンドバックなどの用具をよく利用していました...
続きを読む