『VTJ5th in OSAKA』

  タクミ(パラエストラ大阪) vs美木航(NATURAL9)

 
  2014年6月28日(土) 
  ボディメーカーコロシアム(大阪市浪速区難波中3-4-36)第2競技場


2013年10月のPXCから約8か月。地元大阪のファンが集まるBODYMAKERコロシアム、観客席満員での一戦となりました。

BODYMAKERサポートアスリート タクミ選手試合
ウォーミングアップ。

BODYMAKERサポートアスリート タクミ選手試合
応援してくださる方への感謝として、この試合のために作ったTシャツを着て登場。

BODYMAKERサポートアスリート タクミ選手試合
BODYMAKERサポートアスリート タクミ選手試合
いよいよ試合開始、リングに祈る気持ちをぶつけ、気合いを入れて入場。

BODYMAKERサポートアスリート タクミ選手試合
BODYMAKERサポートアスリート タクミ選手試合
5分3ラウンドの試合。1ラウンドで美木選手がタクミ選手を追い詰めるシーン。

BODYMAKERサポートアスリート タクミ選手試合
BODYMAKERサポートアスリート タクミ選手試合
BODYMAKERサポートアスリート タクミ選手試合
2ラウンド、タクミ選手のキックやパンチが増えていきます。

BODYMAKERサポートアスリート タクミ選手試合
BODYMAKERサポートアスリート タクミ選手試合
BODYMAKERサポートアスリート タクミ選手試合
一瞬の隙をついてバックチョークを仕掛けるタクミ選手。これが決め手となり、2ラウンド1本勝ちとなりました。

BODYMAKERサポートアスリート タクミ選手試合
BODYMAKERサポートアスリート タクミ選手試合
勝利の喜びを全身で表現。

BODYMAKERサポートアスリート タクミ選手試合
「たくさんの声援が聞こえ、力に変えた」と語るタクミ選手。こみ上げる思いをマイクに託しました。

第3代フェザー級キング・オブ・パンクラシストであるタクミ選手とはいえ、修斗世界ランカーの美木航選手との一戦はプレッシャーとの戦いだったようです。40歳ベテランの挑戦は、1本勝ちという結果をもって会場を大いに沸かせました。本当におめでとうございます!

BODYMAKERサポートアスリート タクミ選手試合

タクミ(中山巧)

1973年生まれ。大阪府出身。
現フェザー級キング・オブ・パンクラシスト。
パラエストラ大阪所属。
BODYMAKER サポートアスリート タクミ
パラエストラ大阪公式サイト(外部サイトにリンクします)