BODYMAKERのトレーニングウエアが、カンボジア選手団の公式ユニフォームとして採用
 猫ひろし選手 出走直前!独占インタビュー
BODYMAKER製のカンボジア選手団公式ユニフォームを着用した、
 アジア大会初出場、カンボジア代表猫ひろし選手のBODYMAKER、独占インタビューです!



 BODYMAKERのトレーニングウエアが、カンボジア選手団の公式ユニフォームとして採用

格闘技、トレーニング、フィットネス用品をはじめ、スポーツウエアを展開するスポーツメーカーのBODYMAKERのウエアが、
仁川にて開催のアジア大会に出場する「カンボジア選手団の公式ユニホーム」として、採用されました。
採用されたアイテムは、トレーニングジャージと軽量で速乾性の高い"DRY素材" を使用したトレーニングシャツです。
アジア大会では、カンボジア国籍を取得し、国際ランナーとして活躍するタレントの「猫ひろし氏」もカンボジア代表として出場し、
さらに注目されています。

BODYMAKERのトレーニングウエアがカンボジア選手団の公式ユニフォームとして採用
カンボジアのナショナルカラーを使用しアシンメトリーのバランスでスタイリッシュなデザインを採用。
トレーニングシャツはスコールの多いカンボジアの気候に合わせ速乾性の高いDRY生地を使用。

BODYMAKERのトレーニングウエアがカンボジア選手団の公式ユニフォームとして採用
BODYMAKERのトレーニングウエアがカンボジア選手団の公式ユニフォームとして採用
BODYMAKERのトレーニングウエアがカンボジア選手団の公式ユニフォームとして採用
公式ユニホームを着用し代表トレーニングする猫ひろし氏。

猫ひろし選手がカンボジア代表に決定
BODYMAKERのトレーニングウエアがカンボジア選手団の公式ユニフォームとして採用
BODYMAKERのトレーニングウエアがカンボジア選手団の公式ユニフォームとして採用
BODYMAKERのトレーニングウエアがカンボジア選手団の公式ユニフォームとして採用
ボディメーカーがメインスポンサーを務めたプノンペン国際ハーフマラソンで2位を獲得。

「アジア大会カンボジア代表に選ばれて本当にうれしいです。
 支えてくれた方々に感謝申し上げます。
 本番までの三ヶ月間しっかり練習して本番当日は、最高の走りを見せます。
 そのために練習頑張ります!」



第1回アンコールエンパイヤ国際フルマラソンカンボジア国内の公式大会では初めてとなるフルマラソンの大会となり、
参加者は外国人含め2300名、日本人ランナーも多く参加しました。
また、カンボジアオリンピック委員会・カンボジア陸上委員会チームからは、
猫ひろし選手(フルマラソン【2時間30分26秒】カンボジア記録歴代2位)、 ヘム・ブンティン選手(フルマラソン【2時間23分29秒】カンボジア最高記録) 、
キエン・サモーン選手(本大会10KM部門で優勝、2012年カンボジアオリンピック代表800M選手) が参加致しました。

「カンボジアで初めてのフルマラソンの大会で、一位優勝できて本当にうれしいです。
 3ヶ月間、カンボジアで しっかり練習してきました。
 今後は、アジア大会の本番当日に最高の走りを見せます。そのために練習頑張ります!」

BODYMAKERのトレーニングウエアがカンボジア選手団の公式ユニフォームとして採用
「秋のマラソン準備応援フェア」開催中!
秋のマラソン準備応援フェア

このエントリーをはてなブックマークに追加