高山勝成選手、日本人初の世界4団体制覇!
BODYMAKERサポートアスリート高山勝成選手 Katsunari Takayama
IBFとWBOの両王座を獲得!日本人初の世界4団体制覇を達成した、ボクシング ミニマム級・高山勝成選手!!



【IBF&WBO世界ミニマム級タイトルマッチ】
高山勝成(仲里ジム/元WBA・WBC・IBF 世界ミニマム級王者)
vs 大平剛(花形ジム/IBF世界ミニマム級6位・WBO世界ミニマム級2位)


日時:2014年12月31日(水) 開場14:45 開始15:15
会場:大阪なんば・BODYMAKERコロシアム


BODYMAKERサポートアスリート高山勝成選手
BODYMAKERサポートアスリート高山勝成選手
2014年大晦日、大勢が詰めかけた大阪・BODYMAKERコロシアム。

BODYMAKERサポートアスリート高山勝成選手
今年8月、IBF王者だった高山選手(仲里)とWBO王者だったフランシスコ・ロドリゲスJr選手(メキシコ)がメキシコにてタイトルをかけて戦い、ロドリゲスが判定勝ちで統一しました。その後、ロドリゲスJr選手が返上したことで、IBF・WBO団体が認めた高山選手と日本の王者・大平剛(花形)で本日2014 大晦日に両タイトルを争うことになりました。

BODYMAKERサポートアスリート高山勝成選手
高山選手が通う、名古屋・菊華高校の校友たちも応援!

BODYMAKERサポートアスリート高山勝成選手
BODYMAKERサポートアスリート高山勝成選手
ずっと二人三脚で歩んできた中出トレーナーにバンテージを巻いてもらいます。この拳で掴みにいく夢。

BODYMAKERサポートアスリート高山勝成選手
BODYMAKERサポートアスリート高山勝成選手
自身のなすべきことを冷静に見つめ、体と心を整えます。

「今までの全キャリアを超えて、この試合は無心でいこう」-中出トレーナーの言葉で円陣を組むチーム一同。

BODYMAKERサポートアスリート高山勝成選手
BODYMAKERサポートアスリート高山勝成選手
サウスポーの大平選手に対し、高山選手はひるまずプレッシャーをかけていきます。左フック、アッパーをしかけていく大平選手。身長が似ているため、頭が当たりやすく注意を払います。大平選手の作戦が当たり、大平選手の間合いで前半押し気味に進んだ試合。

BODYMAKERサポートアスリート高山勝成選手
BODYMAKERサポートアスリート高山勝成選手
BODYMAKERサポートアスリート高山勝成選手
「5ラウンドが完璧」と高山陣営の声があがるほど、5回以降はペースをつかみます。スタミナがあり、軽いフットワークが続く高山選手、足が動き続けました。右まぶたをカットしてもなお連打、右ストレート打ち込み。7回、大平選手をロープに追い込み、30秒近く何十発も打ち込んだ高山選手。レフェリーストップとなり、TKO勝ちとなりました。

BODYMAKERサポートアスリート高山勝成選手
BODYMAKERサポートアスリート高山勝成選手
BODYMAKERサポートアスリート高山勝成選手
BODYMAKERサポートアスリート高山勝成選手
"己に勝つ"、"意志あるところに道は開ける"

14歳で出会った中出トレーナーの「一緒にチャンピオンになろう」という言葉で、高校に進学せずプロボクサーとなった高山選手。26歳、ミニマム級最強といわれる選手と戦い、完敗して引退を考えたこともありました。そんなとき、中出トレーナーの「チャンピオンベルトは世界に4つある」という励ましで、再び闘志に炎を燃やし突き進んでいきます。

2009年当時、JBCに所属している選手は2つのベルトしか狙えなかったため、引退届を出した高山選手。日本ではなく海外という、アウェーの地で夢見たチャンピオンベルト。アジア、アフリカ、中南米、さまざまな場所で戦い続けました。11年間同じミニマム級を追求し 、これまでにWBA、WBC、IBFのミニマム級チャンピオンベルトを獲得。今回奪取したWBOにて、日本人初の4団体制覇。ミニマム級では世界初の4団体制覇という偉業を成し遂げました。




BODYMAKERサポートアスリート高山勝成選手
高山勝成選手が初めての世界タイトルを獲得したのは2005年4月。 WBCミニマム級の第10代王者でした(~2005年8月6日)。

BODYMAKERサポートアスリート高山勝成選手
2つ目の世界タイトルは、WBAミニマム級の暫定王者です。2006年11月7日のことでした(~2007年4月7日)。

BODYMAKERサポートアスリート高山勝成選手
3つ目の世界タイトルは、 IBF(International Boxing Federation・国際ボクシング連盟・2013年3月30日獲得)。

BODYMAKERサポートアスリート高山勝成選手
そして悲願の4つめ、WBO(世界ボクシング機構)のベルトを手にした高山選手。(2014年12月31 日BODYMAKERコロシアムで獲得)歴史に刻まれていくことでしょう。

高山勝成選手 特別動画

【BODYMAKER】高山勝成選手「何度でも向かっていく」


【BODYMAKER】サウナスーツ・アクティブ7 高山勝成選手インタビュー


【BODYMAKER】スパーリンググローブ動画



BODYMAKERサポートアスリート高山勝成選手 BODYMAKERサポートアスリート高山勝成選手

高山勝成(たかやま かつなり)

1983年生まれ。大阪府大阪市出身。
第10代WBC世界ミニマム級王者。元WBA世界ミニマム級暫定王者。第19代IBF世界ミニマム級王者。
仲里ジム所属。 トレーナーは中出博啓氏。
BODYMAKER サポートアスリート 高山勝成
高山勝成選手公式サイト(外部サイトにリンクします)

高山勝成選手 関連記事

菊華高校での学生生活
現役続行記者会見
2014年8月メキシコでの対ロドリゲスJr戦

Takayama Katsunari, minimumweight boxer, achieved a first Japanese world's four organizations domination!

[IBF & WBO World Minimumweight title match]
Katsunari Takayama (Nakazato Gym / former WBA · WBC · IBF world minimumweight champion) vs Odaira Tsuyoshi (Hanagata gym / IBF world minimumweight 6 th prize · WBO World minimumweight 2 nd prize)

Date: December 31, 2014
Venue: BODYMAKER Coliseum, Osaka, Japan

2014 New Year's Eve, many audiences were at BODYMAKER Coliseum. Nagoya Kikuka high school students cheered their friend- Takayama is a pro boxer and also a high school student.

"Now, beccome innocent and fight this game beyond former all career." -The team fired up togather.

Takayama and Odaira height was similar, so they paid attention not to hit their heads. Odaira is southpaw boxer and hit Takayama left hook and upper punch. At first Odaira had fought well.

After 5th round Takayama grasped his pace. He kept speed, stamina and light footwork. Even he cut his right eyelid, still kept battled. At 7th round, Takayama cornered Ohira beside the rope and implanted dozens of shots about 30 seconds. The referee stopped the game and Takayama won in TKO.

"Win yourself", "The road will be opened if you hope"

When Takayama was 14 years old, he met the trainer Mr Nakade. "Let's become the would champion together." Takayama and Nakade story has started. Takayama decided to become a professional boxer and didn't go to to high school to practice boxing hard everyday. However, when he was 26years old, he lost the strongest minimumweight boxer and almost gave up boxing. At the time the trainer encouraged him-"There are four championship belts in the world." He decided to continue to fight.

In 2009, he made the big decision- retired Japan Boxing Commission. He already got WBC and WBA champion belts, but he had no chance to get IBF and WBO belts if he belonged to JBC at the time. He fought in overseas rather than in Japan, dreamed champion belts in Asia, Africa, Latin America. He continued to fight in a variety of locations. He kept his weight for 11 years - to fight in the same minimum grade.

His dream has come true. Finally, the first Japanese to four organizations conquest-WBC,WBA,IBF and WBO. He has accomplished the world's first four organizations domination in the minimum grade.


このエントリーをはてなブックマークに追加