天神ファイト


2015年2月8日(日)、大阪にて山口賢一会長率いる天神ジム主催「天神ファイト」が行われました。空手・キックボクシング・ボクシングが行われ、近くで見られるだけにファンの声援飛び交う試合でした。


【天神ファイト】

日時:2015年2月8日(日) 開場18:00 開始18:30
会場:大阪・大淀コミュニティセンター



天神ファイト
立ち見が出るほど来場者が詰めかけました。

天神ファイト

Jr.ボクシング 第7試合 奥田隼平(おくだ しゅんぺい)選手 vs 浅野有希(あさの なおき)選手

距離を取りつつ慎重に進んだ試合。同じ天神ジム所属選手で、浅野選手が体重・パワーがある中、奥田選手が判定勝ち。

奥田選手コメント「最初、緊張してしまいました。パワーがあるパンチを受けましたが、勝つことが出来て良かったです。次は15歳以下のボクサーの試合があるので、それで勝つことが目標です。東京オリンピック開催の頃には20代になっているので、メダルを目指したいです」


天神ファイト
天神ファイト

ボクシング 第8試合 小澤大将(おざわ たいしょう)選手 vs 石角悠起(いしずみ ゆうき)選手

タイ国内ラジャチャンピオンの石角選手、久しぶりの日本での試合。1R、小沢選手の左ストレート、左フック、クリンチにもつれ込む。2R、距離をとるが石角選手は右フックを顔に受ける。3R、打ち合いになってスタミナのある石角選手が優勢。4R、バッティングによりドクターストップ。石角選手の勝ち。

石角選手コメント「映像がなく相手選手のことは分からなかったのですが、パワーがある選手だと聞いていたので、気持ちは負けないで行こうと思いました。今後は、海外でベルトを目指して活動していきます」


天神ファイト
天神ファイト

ボクシング 第10試合 中村優也(なかむら ゆうや)選手 vs チャナチャイソーシアムチャイ(タイ)選手

WBCアジアバンタム級チャンピオン・中村選手の、久しぶりの日本での試合。1R、中村選手は様子をみていてパンチは出さず、2Rで一気にパンチを繰り出し。クリンチ前にアッパーを連打、タオル投げ入れ、中村選手の勝ち。

中村選手コメント「僕は海外で試合やってて、ほんまもんの試合ばかりやっているつもりでした。もっと面白い試合をお見せできればよかったと、悔しいです。日本人が今までやったことないことをやりたいので、海外でスタートして、上を目指しています。山口賢一さんや高山勝成さんを見て、こんな人になりたいと思っています。夏にアジアタイトルの試合をやって、来年は"日本人最速の5戦目"で世界チャンピオンを目指します。誰が見てもチャンピオンと認めてもらえるようなボクサーを目指してます。
BODYMAKER好きですよ!(と言って当日履いていたインナーパンツをチラッと披露してくださいました)でもね、BODYMAKERのグローブ、あんまりいいイメージなかったんですが(笑)今日試合で使ってみて、なかなかしっくりしました!ナックルもしっかり当たるなあ、握りやすいなと思いました。これから使っていきます」




山口賢一選手 試合情報

天神ジム・山口賢一会長が、選手として試合に参戦します。この試合をクリアすれば、次にビッグマッチが待っているというから楽しみです!
また、天神ジム所属・樋高リオ(ひだか りお)選手がヘビー級WBCアジアタイトル戦に出場。強面だけれど笑顔が爽やかな樋高選手、ベルトをかけて全力で挑みます。

海外を主戦場に闘ってきた先駆者として、日本のボクサーに影響を与え続ける山口選手、天神ジム引っ提げてのスーパーファイト!

天神ファイト


【THRILLA IN ANGONO】

日時:2015年2月15日(日)
会場:フィリピン・ABGONO GYM



山口賢一選手 関連記事

BODYMAKER×アスリート(11)山口賢一選手
BODYMAKER×アスリート(13)高山勝成選手&菊華高校