【試合結果】寺戸伸近選手 Krush.63

去る月20日(日)に後楽園ホールで行われた「Krush.64」。
そのメインイベント(第9試合・3分3R・延長1R)であるタイトルマッチにて、我がBODYMAKERファミリーの寺戸伸近選手が、見事、勝利!悲願の「-55kg王者」の座を獲得しました。5年ぶりのベルト奪取です。

寺戸伸近
寺戸伸近
寺戸伸近
寺戸伸近
会場は、超満員札止めとなる1950人の観客で熱気で満ちあふれていました。そんな中、挑戦者・寺戸選手が、王者・堀尾選手に挑むタイトルマッチがスタート。ジャブや前蹴りで距離を取る堀尾選手に対し、寺戸選手は細かくフェイントを入れて右ローを蹴り、じりじりと前に出て、パンチで飛び込むチャンスを伺います。両者とも探るような状況が続く1R、2R。均衡が崩れたのは、やはり最終、大詰めの3R。堀尾選手が右ストレートから左右のハイキック。寺戸選手が右ローを蹴って、右ストレートを伸ばす。堀尾選手がジャブから前に出ていくと、そこに寺戸選手がどんぴしゃりのタイミングで"飛びヒザ蹴り"。これで堀尾選手がばったりと倒れ、寺戸選手がダウンを奪うという展開に! この後、堀尾選手はダウンから立ち上がるも、形勢を立て直すことは出来ず、鮮やかな飛びヒザ蹴りでダウンを奪った寺戸選手が「第5代Krush-55kg王座」に就きました。 「飛びヒザ蹴り」も「勝利」も、インタビュー時の宣言通り! 頼れる兄貴は、有言実行のさらに輝かしい存在に! BODYMAKER一同、大変嬉しく思っています。そんな兄貴から「メダルの写真」が届きました! 「見せに来てくれる前」に、いち早く画像で届けてくれました。ありがとうございます!
凱旋来社をお待ちしています!
兄貴、おめでとうございました! そして、ありがとうございました!

[試合結果]【Krush.64】

メインイベント(第9試合)/Krush -55kgタイトルマッチ/3分3R・延長1R
判定0-3(※28-29、28-29、27-30)
1,950人(超満員札止め)
寺戸伸近(ISKA世界バンタム級王者/Booch Beat) vs 堀尾竜司(第4代Krush -55kg王者/TRY HARD GYM)





寺戸伸近(てらどのぶちか)

1980年9月9日生まれ。島根県出身。
Booch Beat所属
BODYMAKER サポートアスリート 寺戸伸近
寺戸伸近 | 公式ブログ(外部サイトにリンクします)


このエントリーをはてなブックマークに追加