20170115_k-1krush_1200x450.jpg

BODYMAKER(ボディメーカー)


  Krush.73  



2017年2月18日(土)後楽園ホール


2017年度、BODYMAKER(ボディメーカー) がスポンサーとして超破壊型打撃格闘技Krush」を全面サポート。

第二回大会「Krush.73」が開催され今回も熱い戦いが繰り広げられました。


Page0001-0002.jpg 


 メインイベント 


Krush -67kgタイトルマッチ【33R・延長1R

塚越仁志(王者) VS モハン・ドラゴン(挑戦者)

塚越は10月大会で渡辺太基に判定勝ちし初防衛戦を迎えた

今回のモハン戦も激戦の中、見事3Rで3度のダウンを奪い返し、逆転KOで防衛成功を果たしました。

9試合 メインイベント Krush-67㎏タイトルマッチ 33R(延長1R
〇塚越仁志
K-1ジム・シルバーウルフ/王者/66.8kg
×モハン・ドラゴン [Mohan Dragon](ネパール/士魂村上塾/挑戦者/66.8kg
3R 2'54" KO (3ダウン:左フック)

※塚越が初防衛






渡部太基にリベンジを果たし悲願のKrush-67kg王座を獲得した
"暴走ハリケーン"塚越が、"ネパールの剛腕"モハンを下して初防衛に成功した。


1R】開始のゴングと同時にモハンが奪取に塚越に襲い掛かり、左右のフックを振り出す。

塚越は被弾しつつ、右ミドル、ボディへ膝蹴りを当てるも、終盤右膝を放ったタイミングで

モハンが右フックでダウンを奪う。

2R】2R開始もモハンがパンチを繰り出していく。塚越も打ち合い、左右フックから膝蹴りし、

右の膝蹴りがモハンに当たる。モハンの勢いは落ちるも、反撃の糸口がつかめないまま2Rは終了。


3R】モハンはフックを振り回し突進、豪快なフックを叩きつける。

勢いが無くなってきたところで塚越が反撃。ロープまでさがらせて、右のジャブのフェイントから左フックを強振しモハンがダウン。

立ち上がるモハンに塚越が右ハイで2度目のダウンを奪い、左フックを当て3度目のダウンで、見事逆転KO勝ちを果たした。



8試合 セミファイナル 第5代Krush -65kg王座決定トーナメント準決勝 33R(延長1R
〇小宮由紀博(HEAVY CLASS/J-NETWORKウェルター級4位、RKA同級王者/64.9kg
×松下大紀(NPO JEFA/64.8kg)
判定2-0 (長瀬30-29/和田29-29/豊永29-28)


krush73_2.jpg



第7試合 セミファイナル 第5代