Krush.75

   201742() 後楽園ホール   

Krush75.jpg


K-1ファイターの左右田泰臣がKrushに初参戦。新鋭・松下大紀を1R KO

メインイベントで中澤純が小宮由紀博に判定勝ちしKrush -65kg王座を獲得すると、リングに上がった左右田は中澤の王座への挑戦を希望した。女子王者のメロニー・ヘウヘスは紅絹に判定勝ちし初防衛を果たしました。


9試合 ダブルメインイベント(2) 第5Krush -65kg王座決定トーナメント決勝 33R(延長1R

×小宮由紀博(HEAVY CLASSRKAウェルター級王者/2007 LIGHTNING -62kgトーナメント優勝/2009 RISE-70kgトーナメント優勝65.0kg

〇中澤 純(TEAM Aimhight元JKI日本ウェルター級王者/元MA日本ウェルター級王者65.0kg

判定1-2 (和田30-29/豊永28-29/勝本29-30)

中澤が王者に


10.jpg


小宮は松下大紀に判定勝ち、中澤は篠原悠人に2R KO勝ちと、他団体での経験豊富な両者がKrush育ちの新鋭を潰して這い上がって来た。


1R】中澤が前に詰め、小宮が回ってかわす。小宮はスピードのある左ジャブを当て、右ローも織り交ぜるが、まだ手数は少なく、中澤も小宮を捕まえきれない。

2R】小宮の右ボディ、右ローのヒット数が増加。

3R】中澤が2Rから引き続いて右ローを当てていると、これが効き目を発揮。小宮のバランスが悪くなってきたなか、偶発的なバッティングで中澤は左まぶたをカットしドクターチェックが入る。再開後も血が止まらず視界がふさがってしまうが、小宮とほぼ五分に打ち合いながら終了。 


Krushのチャンピオンになる』とマイクを握る中澤

継続していたら夢が目標になり。Krushも今、通過点です。

K-1で勝ち上がります。また新しい夢を目指します。」とアピールした。


8試合 ダブルメインイベント(1) Krush女子タイトルマッチ -50kg契約 33R(延長1R

〇メロニー・ヘウヘス(オランダ/マイクスジム/第3代Krush女子王者
50.5kg→50.0kg

×紅絹(NEXT LEVEL渋谷/挑戦者、第5代J-GIRLSミニフライ級王者50.0kg

判定3-0 (豊永29-28/和田29-28/長瀬29-28)

ヘウヘスが初防衛

8.jpg


今回が初防衛戦となるヘウヘス

初来日した今年1月のKrushKANAにプロ7戦目で初黒星をつけた注目選手


1R】ヘウヘスは開始すぐから前に詰めてラッシュを仕掛けるが、紅絹は持ち前の細かいステップとヘッドワークを駆使してかわす。紅絹も前に出る場面があり、オーバーハンドブックを放つが、まだヒットは少ないままヘウヘスが蹴り、紅絹がパンチ主体。

2R紅絹が巻き返す。ヘウヘスが右ミドル、右ストレートを放って紅絹を脅かすが、紅絹は耐えていると、次第に左右のフックのヒットが増える。

3Rヘウヘスが序盤から勢いよく攻め、左右のミドルを当てていると、紅絹左右のフックや左ボディを当て返すが、下がってしまう時間が続く。

どのラウンドも僅差ではあったが、ヘウヘスが3者から支持され判定勝ち。

初防衛に成功。紅絹はあと一歩及ばなかった。


7試合 セミファイナル -67kg Fight 33R(延長1R

×渡部太基(Golden Globe第4代Krush-67kg王者/初代WPMF日本ウェルター級王者67.0kg

〇山際和希(谷山ジム/Bigbangウェルター級王者67.0kg

判定0-2 (勝本28-30/豊永29-29/長瀬29-30)

7.jpg


6試合 -65kg Fight 33R(延長1R

〇左右田泰臣(K-1ジム・シルバーウルフ/K-1 WORLD GP-65kg初代王座決定トーナメント準優勝65.0kg

×松下大紀(NPO JEFA65.0kg

1R 2'18" KO (右ストレート)6試合 -65kg Fight 33R(延長1R

〇左右田泰臣(K-1ジム・シルバーウルフ/K-1 WORLD GP-65kg初代王座決定トーナメント準優勝65.0kg

×松下大紀(NPO JEFA65.0kg

1R 2'18" KO (右ストレート)


6.jpg


5試合 -58kg Fight 33R(延長1R

×エリアス・マムーディ(フランス/マムーディジム/K-1 WORLD GP初代フェザー級王座決定トーナメント第三位/2013 IFMA-51kgジュニア世界王者/2013 ICO-51kgジュニア世界
王者/2013 Golden belt-53.5kgヨーロッパ王者
57.8kg

〇西京春馬(K-1 GYM SAGAMI-ONO KRESTK-1甲子園2015 -55kg王者57.8kg

判定0-2 (和田29-29/長瀬29-30/豊永28-29)


5.jpg



4試合 第5Krush -60kg王座決定トーナメント準決勝 33R(延長1R

〇レオナ・ペタス(バンゲリングベイ・スピリット/2016年 英雄伝説アジア-60kg級トーナメント優勝60.0kg

×朝久泰央(朝久道場/59.7kg

判定3-0 (長瀬29-27/勝本29-27/豊永30-27)


4.jpg


3試合 第5Krush -60kg王座決定トーナメント準決勝 33R(延長1R

×郷州征宜(K-1ジム総本部チームペガサス/RISING ROOKIES CUP 2012 スーパー・フェザー級優勝60.0kg

〇安保璃紅(TRY HARD GYM59.8kg

判定0-3 (勝本28-29/朝武28-29/豊永29-30)


3.jpg



2試合 -63kg Fight 33R(延長1R

×泰斗(チーム泰斗/63.0kg)※GETOVERから所属変更

〇青津潤平(J-NETWORKライト級暫定王者63.0kg

4R 判定0-3 (三浦9-10/勝本9-10/和田9-10)

3R 判定0-1 (三浦28-30/勝本28-28/和田28-28)

1R左フックで泰斗が1ダウン

2.jpg


1試合 -55kg Fight 33R

〇良星(平井道場/Bigbangスーパー・バンタム級王者55.0kg

×貴章(Gwinds/KDN54.8kg

判定3-0 (29-28/30-29/30-29)


1.jpg



  2017-格闘技がさらに熱くなる  


BODYMAKERは格闘技ブランドとして、より一層格闘技を盛り上げるべく2017年度、

K-1 WORLD GP 2017 JAPAN」及び「Krush全大会の年間スポンサーとして、サポートしていきます。


  BODYMAKERが全面サポート  

世界最高峰の立ち技格闘技K-1」、超破壊型打撃格闘技「Krush」がBODYMAKERに染まる!

K-1 グローブ にはすべて「BODYMAKER」のブランドロゴが配置。

また、グローブにK-1 人気選手のサインを頂き、大会ごとにSNSでプレゼントキャンペーンを実施中。


試合結果・レポートは随時BODYMAKER公式サイトにて更新していきます。




images.jpgBODYMAKER公式 Twitter BODYMAKER公式 Facebook 




 次回大会INFOMATION  


K-1WORLD GP 2017 JAPAN & Krush 試合結果



4月22日(土) K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~第2代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント~


BODYMAKERアスリート契約選手寺戸伸近選手が出場します。


▼K-1 WORLD GP第2代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント・一回戦(3)3分3R・延長1R
寺戸伸近(Booch Beat/Krush -55kg王者)vs ジェイミー・ウィーラン(Double K Gym)



1488506953_3sp.jpg



このエントリーをはてなブックマークに追加