【日時】2017年8月20日(日)
【会場】名古屋国際会議場イベントホール

2017年度、BODYMAKER(ボディメーカー)がスポンサーとして「Krush」を全面サポート。今大会は佐藤嘉洋氏が名古屋krush大会実行委員長に就任して2回目。初回は2012年で、今や世界屈指のファイターへと成長した野杁正明が「名古屋でもKrushを」という提言から実行に至った。今大会を心待ちにしているファンが大勢いた。チケットは大会45日前に全席完売という、地方大会では快挙を達成した。

第3試合/Krush -65kg Fight/3分3R・延長1R

○ 篠原悠人(DURGA/K-1甲子園2015 -65kg王者)

× 近藤拳成(大成会館/K-1甲子園2016 -65kg王者)

KO(1R 2分27秒)
K-1甲子園で圧倒的な強さで優勝した篠原悠人、父親が空手道場の代表を務め格闘技一家に生まれた近藤拳成。大阪で共に練習する仲という二人が、今大会で対戦する事となった。

【1R】10代の二人が激しいパンチの打ち合いを繰り広げ、会場はどよめく。頭を下げてしまう近藤拳成に対し、篠原悠人は容赦なく圧倒的にパンチを繰り出す。近藤拳成はダウンをくらい、一度立ち上がろうとするが膝から崩れた。

Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78

第4試合/Krush -63kg Fight/3分3R・延長1R

○ 東本央貴(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)

× 泰斗(チーム泰斗)

判定2-0(30:28/29:29/29:28)
2012年からスタートしたKrush名古屋大会に6年連続で全大会に出場している"名古屋のお祭り男"泰斗。サウスポーから繰り出す強烈な左ストレートを武器にKrush-63kg戦線でキャリアを積み、上京して練習環境を変えた東本央貴の、3度目の対決。

【1R】東本央貴がロー、フックを当て先手を取る。
【2R】連打をするも互いに大差はなく、なかなか突破口を見い出せない。
【3R】二人とも手数が増え、3Rから泰斗はパンチがより見られるようになったが、全般的に押していた東本央貴が判定勝ちした。

Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78

第5試合/Krush HEAVYWEIGHT Fight /3分

× 愛鷹亮(力道場静岡/Bigbangヘビー級王者)

○ 岩下雅大(BULLS)

判定0-3(9:30/29:30/28:30)
今回のKrushに初参戦、そして11月の初代K-1ヘビー級王座決定トーナメントの参戦につなげたい岩下雅大。柔道、警察の機動隊員を経て立ち技格闘技の道を志し、岩下と同じく初代K-1ヘビー級王座決定トーナメント参戦を目指す愛鷹亮。

【1R】岩下雅大がジャブをしかけ、ローを当て続ける。
【2R】レフェリーが二人に攻撃を出すよう注意。愛鷹亮が圧力を強めて左フックを当て、岩下雅大が左右のローを当てる。
【3R】相手の攻撃を良く見合ってからのローキック、とび膝を仕掛ける岩下雅大。技が優勢していた岩下雅大の判定勝ち。


Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78

第6試合/Krush -58kg Fight/3分3R・延長1R

○ 大岩龍矢(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)

× 古谷野一樹(クロスポイント古河/REBELS 57.5kg級王者)

TKO(1R 2分40秒)
軽量級離れしたパワーを誇り、ヘビー級の相手にも腕相撲で勝つという怪力の持ち主・大岩龍矢は地元名古屋での参戦。古谷野一樹は初代REBELS 57.5kg王者としてKrushに乗り込む形となり、過去に勝利している大岩龍矢との約4年ぶりの再戦となった。

【1R】互いに勢いよく、スピーディにパンチを繰り広げる。大岩龍矢はロープ際に追い詰めラッシュを放ち、立ったままで古谷野一樹のダウンを奪う。古谷野一樹は顔面の出血がありタイムストップ。大岩龍矢はKO勝ちした喜びを、地元名古屋のファンと分かち合った。


Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78

K-1 WORLD GPスペシャルエキシビションマッチ

武尊(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST/初代K-1 WORLD GPフェザー級王者、初代K-1 WORLD GPスーパー・バンタム級王者)

武居由樹(POWER OF DREAM/第2代K-1 WORLD GPスーパー・バンタム級王者)

勝敗無し
ナチュラル・ボーン・クラッシャーと呼ばれ、K-1史上初の2階級制覇も達成した現K-1フェザー級王者・武尊。今年4月の第2代K-1スーパー・バンタム級王座決定トーナメントで優勝した、若きチャンピオン武居由樹。K-1王者同士のエキシビションマッチは、名古屋大会での醍醐味の一つ。大会実行委員長の佐藤嘉洋は技術レベルが高いこの二人のマッチを、とても楽しみにしていたという。今大会の煽りVTRの監督・脚本・主演を行い、キング・オブ・エンターテナー、第2代Krush -70kg王者の城戸康裕が、リングアナウンサーとレフェリーをつとめた。

【1R】静まり返った会場で、試合さながらの雰囲気で二人は打ち合いを続ける。終盤、武居由樹の左のパンチに武尊は笑顔を見せた。
【2R】接近戦でパンチを繰り広げる。城戸康裕レフェリーが二人に割って入ると会場は和んだ。武尊はバックブローなどを見せ、威圧感を示す。

武尊の胸を借りるつもりで参戦した武居由樹は「怖いっす」と笑顔で感想を述べた。武尊は、かつて自身が持っていたスーパー・バンタム級のベルトを現在保持する21歳の武居由樹について、「思ってたよりも強かった」と評す。二人にとって、9月のK-1への刺激となった一戦となった。


Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78

トリプルメインイベント第1試合(第7試合)/スーパーファイト/日本vs世界・3対3マッチ/Krush女子 -50kg Fight/3分3R・延長1R

○ KANA(K-1ジム・シルバーウルフ/第2代Krush女子王者)

× エミリー・マシュー(フランス/Team Lamouret/ISKA K-1ルール世界王者)

KO(1R 2分55秒)
アマチュア時代から類まれな格闘センスで注目を集めるKANA。今年1月にメロニー・へウへスに敗れて初黒星を喫し、Krush女子王座奪還を目指している。プロ4戦で無敗を誇り、すでにISKAの欧州&世界タイトルを獲得しているフランスの強豪、エミリー・マシューとの一戦。

【1R】マシューはミドルやロー、KANAもミドルやローを返す。1ラウンド終了直前、KANAの右、左、右フックがエミリーの顔面にヒット。エミリーは宙に浮き、リングに倒れてKOとなった。祖父母が初めてKANAの試合を見に来たとのことで、鮮やかなKO勝利をプレゼントした形となった。

Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78

トリプルメインイベント第2試合(第8試合)/スーパーファイト/日本vs世界・3対3マッチ/Krush -65kg Fight/3分3R・延長1R

○ 大和哲也(大和ジム/2010 K-1 WORLD MAX 2010 -63kg日本王者)

× エルソン・パトリック(アンゴラ/Double K Gym/Strikers League -65kgポルトガル王者)

KO(2R 2分4秒)
2005年のプロデビュー以降、キックボクシングで国内外のタイトルを次々と獲得し、「心が体を動かす」という言葉に動かされて合気道も始めた、ベテラン大和哲也。スペイン・ポルトガルの立ち技格闘技「Strikers League」の-65kgポルトガル王座を獲得した、Krush初参戦エルソン・パトリックとの対戦。

【1R】大和哲也が左右ボディ、ミドル等を当てる。パトリックも前蹴り等で応戦。二人とも時々サウスポーにスイッチして様子を見る。
【2R】ボディ打ちを多用する大和哲也に対し、エルソン・パトリックのパンチはリーチが長くヒット。大和哲也の左目元が割れ、流血でチェックが入る。試合再開後、大和哲也はとび膝など次々と展開。右カウンターでパトリックは回るように倒れた。ロープ際に追い詰めパンチを連打。地元名古屋での大和哲也のKO勝利となった。

Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78

トリプルメインイベント第3試合(第9試合)/スーパーファイト/日本vs世界・3対3マッチ/Krush -65kg Fight/3分3R・延長1R

○ 野杁正明(K-1ジムEBISU小比類巻道場/第2代K-1 WORLD GPスーパー・ライト級王者)

× ディエゴ・フレイタス(ベネズエラ・ボリバル共和国カラカス/ISKA欧州スーパーライト級王者)

KO(2R 1分14秒)
今年6月にK-1スーパー・ライト級王者ゲーオ・ウィラサクレックの持つベルトに挑戦し、延長判定の末にゲーオを撃破。対日本人無敗の最強王者に土を付けた野杁正明は今回、日本vs世界の大将として、K-1王者として戦う。対するディエゴ・フレイタスはK-1・Krushでも国内外の強豪ひしめく激戦区スーパー・ライト級にポルトガルの実力者が殴り込んできた。

【1R】ガードが堅い二人。サウスポースタイルの野杁正明に対し、ディエゴ・フレイタスは同じ技をそのまま返す。技の豊富さは野杁正明が勝り、三日月蹴り、前蹴り、左ボディ等を仕掛ける。
【2R】互いに力強く接近してパンチ、キックを仕掛ける。ディエゴ・フレイタスはガードの合間を縫って前蹴りやハイキックを繰り出す。野杁正明はボディ、膝蹴り、前蹴りをヒット、KOで仕留めた。地元名古屋大会の野杁正明の記録は全て勝利となった。

Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78

2017-格闘技がさらに熱くなる!

BODYMAKERは格闘技ブランドとして、より一層格闘技を盛り上げるべく2017年度、「K-1 WORLD GP 2017 JAPAN」及び「Krush」全大会の年間スポンサーとして、サポートしていきます。

全てのアスリートのための日本発スポーツブランド 「ボディメーカー」BODYMAKERが全面サポート

世界最高峰の立ち技格闘技「K-1」、超破壊型打撃格闘技「Krush」がBODYMAKERに染まる!試合結果・レポートは随時BODYMAKER公式サイトにて更新していきます。

K-1 グローブ にはすべて「BODYMAKER」のブランドロゴが配置。さらに、グローブにK-1 人気選手のサインを頂き、大会ごとにSNSでプレゼントキャンペーンを実施中。コンテンツやイベントもお見逃しなく!!

次回大会INFOMATION


このエントリーをはてなブックマークに追加