東京オリンピックを目指す女子ボクシング・濱口聖羅選手


20180710seira_01.jpg
   全日本女子ボクシング選手権大会 優勝6連覇敗けなし連勝13KO   
2018年度アスリートモデル 濱口 聖羅(はまぐち せいら)選手
全日本女子ボクシング選手権大会 優勝6連覇敗けなし連勝13KOという輝かしい実績の持ち主です。
新極真会岐阜道場で成績を伸ばした後にボクサーとて競技者人生を歩み現在は大学に在学しながら所属のボクシング部を拠点にトレーニングを重ねています。濱口聖羅選手に特別インタビュー取材をさせて頂きました。これからも濱口聖羅選手の活躍を楽しみにしています!


20180710seira_01.jpg

濱口聖羅選手に特別インタビュー取材をさせて頂きました。


BODYMAKER×アスリート(35)濱口聖羅 BODYMAKER×アスリート(35)濱口聖羅

 東京オリンピックを目指す女子大学生ボクサー
―いつからBODYMAKERをご愛用いただいているんですか?
 空手を小学校1年生の頃に始めてからです。空手選手時代は拳サポーターやミット類をずっと愛用していました。ボクシングを始めてからは、BODYMAKERのサウナスーツで減量しています。バットマンのコラボデザインを愛用しています。他のメーカーではなかなか見かけないピンク色のバンテージが特にお気に入りでボクシング部の仲間にもプレゼントしました。
→BODYMAKER バットマン サウナスーツ3
→BODYMAKER バンデージ伸縮 ピンク

―ありがとうございます。ボクシングを始めたのはいつごろからですか?
 高校入学と同時にボクシングを始めました。空手を続けることも悩みましたが進学をきっかけに新しい事にチャレンジしたい想いが強かったので、空手を活かせるボクシングに興味を持ち移行を決意して、今年でボクシング歴は4年目になります。

―ボクシングの魅力は何ですか?
 試合で勝つ喜びです。普段は男子選手と練習をしているので、先輩とのスパーリング中に顔の骨が腫れてしまった事や、傷を負って家族に心配をかけてしまったこともはじめた当初は懸念してしまって、続けるかどうかを悩んだこともありました。それでも勝てた喜びが忘れられないんですよね。だから続けられました。

BODYMAKER×アスリート(35)濱口聖羅 BODYMAKER×アスリート(35)濱口聖羅
─今まで一番緊張した試合を教えてください。
 やっぱり全国大会のデビュー戦です。ボクシングは女子選手が少なく兼用戦出場もなかなか機会が無かったので、全国大会に進んでこそやっと大きな舞台に立てました。なので全国大会に初めて出場できたデビュー戦での緊張感と喜びが鮮明に残っています。また高校3年間で全国大会に6回出場し全て優勝しました。6連覇がかかった高校最後の試合の時も周囲からは勝って当たり前だと期待されてきたので、重みのある緊張感を経験しました。

─6連覇がかかった「全日本選手権大会」にはどのような気持ちで大会に臨みましたか??
 試合前は緊張とプレッシャーで話せなくなったり思うように動けなくなったりすることも多々ありましたが、そんな私の様子を見て、3年間お世話になってきたボクシング部の先生から「お前と戦う相手の方が緊張してるから自信を持て!」と言われて、スパーリング練習も走り込みもどんな練習メニューも男子選手と一緒になって頑張ってきた日々の練習が当日の自信になりました。スタミナもスピードも男子選手基準で鍛え上げてこれたんだと先生の言葉で改めて感じられたことで強い気持ちを立て直してきました。

─部活以外でトレーニングしていることはありますか?
 ハードな走り込みが苦手なので、脚にウエイトの負荷を足して練習することで差別化しています。 走り込み練習に自信がない分、ボクシング練習ならずっとしていられるのにと思うことも多々あります。(笑)
スランプでなかなか動けない時は、基本に戻ってワンツーの練習からまた始めるます。BODYMAKERのシャードーダンベルを使って重心の置き方、顎をひくなど自分の課題を意識しながら、毎日コツコツと練習をして12月の全日本に臨めるよう練習を重ねています。
→BODYMAKER シャドーダンベル

BODYMAKER×アスリート(35)濱口聖羅 BODYMAKER×アスリート(35)濱口聖羅
─オリンピックに向けて意気込みをお願いします。
 世界レベルで戦える身体作りに打ち込んでいきます。 日本では"全日本女子ボクシング選手権大会 優勝6連覇敗けなし連勝13KO"といった結果を残せてきましたが、世界大会では同じ階級の外国人選手との体格の差や戦い方の違いを体感してきました。まだまだ日本選手以外の戦い方を知ることが世界に出るには必要だと、力の足りなさを痛感しました。日本や海外、いろんな環境を知った上で、自分に必要なことを取り入れたいです。高校3年間といった期間でこれまで実績を重ねてこれたので、オリンピックまでの2年間もボクシング一直線に励みます。


BODYMAKER×アスリート(35)濱口聖羅 BODYMAKER×アスリート(35)濱口聖羅


濱口 聖羅(はまぐち せいら)

女子ボクシング
全日本女子ボクシング選手権大会 チャンピオン(6連覇)
濱口聖羅twitter


 いつもサポートしてくれる家族

家族の応援がしてくれるから頑張れると、仲良しの家族を取材当日も紹介してくれました。

20180710seira_01.jpg

家族と周囲から期待と激励を満身に受け、挑むは連覇!
BODYMAKERは濱口聖羅選手をサポートします。







このエントリーをはてなブックマークに追加