BODYMAKER PRESENTS 「GLADIATOR 001」開催決定!2016年6月19日(日)  - 2016年6月 1日 10:00

グラジエーター

2004年 韓国ソウルにて同国初となる大規模格闘技大会「Gladiator Fighting Championship」が二日間に渡り大体的に開催されました。
その人気は韓国版PRIDEと言われ、以後2015年時点で国内で延べ95回開催されました。
その歴史ある人気格闘技イベント「GLADIATOR(グラジエーター)」が、この春制度も新たに生まれ変わり、来る2016年6月19日和歌山ビッグホエールにて第一回目が開催されます。
その記念すべきイベントを、BODYMAKERが全面的にバックアップすることになりました。
BODYMAKER PRESENTS 「GLADIATOR 001」ぜひご期待ください!


大会詳細

新生グラジエーター 第一弾はBODYMAKER PRESENTS
日時:2016年6月19日(日) 14:00開場
場所:和歌山最大規模イベント会場ビッグホエール!8,500人収容!





グラジエーター

櫻井裕一郎代表の独占インタビュー
ーGLADIATORを立ち上げたきっかけとは?
今から5年前、地元和歌山市で総合格闘技道場 創道塾を立ち上げた時に同級生の友人である誠ジム所属の浜田順平(打武龍)からCMA諸岡秀克会長を紹介されプロ興行として初めて選手出場させて頂いたのがGLADIATOR大阪第1回大会でした。それから数カ月後、GLADIATORを和歌山で開催する事になったのですが私自身以前から自主興行をしたいと思っていまして、その話の流れから和歌山大会を主催させて頂く事になりました。
それから現在までの三年間で和歌山大会は計3回開催。そして昨年末、CMA諸岡会長よりGLADIATORを引き継がないかと話があり、ゆくゆくは格闘技興行団体を立ち上げたいと思っていましたので2つ返事で受けさせて頂きました。ここ最近のGLADIATORはMMAからキック、プロレス等あらゆる種目がミックスされ当初謳っていた、いわゆる格闘おもちゃ箱的なイベントとして運営されて来ましたが、元は今から12年前の2004年、韓国で大々的に行われた「GLADIATOR FIGHTING CHAMPIONSHIP 2days」が始まりで、その規模や出場している選手のレベル、ネームバリューは韓国版PRIDEといわれた程で韓国での格闘技もまさにそこから始まりとなった歴史がGLADIATORにはあります。またこの12年の間に主に国内にて延べ95回もの興行を開催してきた知名度も大きい。それならGLADIATORを引き継ぎ純MMAイベントとして再始動させたいと思い新生GLADIATORとしてスタートを切る事になりました。

グラジエーター
ーGLADIATORのここを見てほしいというところはどこですか?
先に述べたようにここ数年のGLADIATORはMMA〜キックルール、プロレスやボクシング等、色々な種目を織り交ぜた興行であり、また選手の出場に関してもオファー制というよりは公募制に近い形でプロ興行でありながらアマチュア選手でも出場出来る様な運営でした。
その為開催回数は多く知名度は上がる一方、大会的にはGLADIATOR=いわゆる地下格闘技と同じだと認識している人も少なくありません。
新生グラジエーターはそれとは全くの別物だと思って下さい。プロ興行として、純MMAイベントとしてしっかりと分別をし、当然ながらルールや計量においても不透明な部分は一切ありません。プロの舞台で活躍する選手が機会があれば出場したい、GLADIATORの王者になりたい、と思って頂ける様な運営を行っていきます。

ー今後GLADIATORはどのようになっていくでしょうか?
グラジエーターは今後、国内ではMMAメジャー団体を目指し活動していき、先々は海外での開催も考えております。
まずはアジア最大 韓国ROADFCとの選手の交流からスタートし、総合格闘技の発祥地である日本でもどんどん海外の選手が活躍してくれる様に、またGLADIATORから世界へ素晴らしい選手をどんどん輩出出来る様に発展させていかなくてはと思っています。
国内においてPRIDE、K−1時代の様に地上波でGLADIATORの選手が活躍するチャンスもこれから訪れるかも知れない。今後の展開によりますがそんな日もそう遠くはないと思っています。
今は方向性を誤らない様に気を付けています。
今は格闘技だけで利益を出すのが非常に難しい、選手にとっても格闘技だけで食べていくのも非常に難しい、まして興行側としては限られた予算をオーバーしてまでしないといい選手も呼べない、演出にも限りがある、そこをギリギリまで粘って選手ありきで運営して行く事で又、メディアの目にも止まってくれたらと思います。選手にしても運営側からのプロデュースだけでなく選手自身もしっかりセルフプロデュースして自分を磨きスターとして目標になる存在になって欲しいものです。
スターが生まれる事で大会も光ります。興行側と選手、両方から格闘技を盛り上げていきたい、今後の方向性は選手と共にあると思います。

公式サイト

http://gladiator-fc.com/

チケットプレゼントキャンペーン

ボディメーカー公式ツイッターにてグラジエーターの観戦チケットプレゼントキャンペーン実施中!

応募はカンタン!
ボディメーカー公式ツイッターアカウントをフォローして、プレゼントキャンペーンのつぶやきをリツイートするだけ!

>>ツイッターへ公式アカウントへのアクセスはコチラ

グラジエーター

第3回全日本フルコンタクト空手道選手権大会 - 2016年5月27日 17:00

第3回全日本フルコンタクト空手道選手権大会

第3回全日本フルコンタクト空手道選手権大会

5月21日(土)・22日(日)にエディオンアリーナ大阪(旧ボディメーカーコロシアム)で第3回全日本フルコンタクト空手道選手権大会」が開催されました。さまざまな団体・流派が集結した"真のフルコンタクト空手日本一決定戦"です。


日時:2016年5月21日(土)・22日(日)
会場:エディオンアリーナ大阪
第3回全日本フルコンタクト空手道選手権大会結果(外部サイトにリンクします)




先日行われた第3回全日本フルコンタクト空手道選手権大会にて

BODYMAKER×アスリート記事で以前コメントを頂いた選手が見事優勝されました。




■男子中量級 優勝 前田優輝選手(新極真会和歌山支部)

第1回大会、第2回大会と今回の第3回大会全て優勝!見事3連覇を達成されました。 

以前の記事はこちら→BODYMAKER×アスリート(24)前田優輝

第3回全日本フルコンタクト空手道選手権大会



■男子軽重量級 優勝 前田勝汰選手(新極真会和歌山支部)

第1回大会3位、第2回大会準優勝、今大会念願の初優勝をされました。

以前の記事はこちら→BODYMAKER×アスリート(25)前田勝汰

第3回全日本フルコンタクト空手道選手権大会



■女子軽重量級 優勝 荒木千咲選手(志輝会館)

第2回大会準優勝、全大会の悔しさをバネに今大会見事優勝をされました。

以前の記事はこちら→BODYMAKER×アスリート(27)荒木千咲

第3回全日本フルコンタクト空手道選手権大会

2016.5.7(土)発売「S Cawaii!(エスカワイイ)」 - 2016年5月 7日 10:00

2016.5.7(土)発売「S Cawaii!(エスカワイイ)」 エスカワイイ


減量のプロとS Cawaii!の最強タッグで作った「めちゃヤセ!」シリーズが
今月発売の「S Cawaii!(エスカワイイ)」で紹介されました。

【概要】
今月発売のエスカワイイはギャル過ぎない大人めファッションを軸に、ヘア&メイクなどのビューティ情報が盛りだくさん!
夏までにどうしても痩せておしゃれを楽しみたい女の子必読の内容です。

▼シリーズ紹介ページはこちら▼

特集ページ

山本優弥選手 引退セレモニー【Krush.65】 - 2016年4月 8日 14:44

山本優弥選手の引退セレモニー【Krush.65】が開催されます。

2016年4月10日(日)、東京・後楽園ホールで開催される「Krush.65」内で、我がBODYMAKERファミリーの山本優弥選手の引退セレモニーが行われます。その人柄から多くの仲間に愛されてきた優弥選手。引退を惜しむ声も多く聞かれる中、どんなセレモニーとなるのでしょう。

■山本優弥選手からコメントをいただきました!
山本優弥

ーー2001年9月、17歳という若さでプロデビューした優弥選手。
現役生活は14年半で終わることになりました。
「練習が大好きで、その延長上に試合があっただけ。でも、誰よりも一生懸命練習していたという自負はあります。過去63回リングに上がりましたが、毎回死ぬ気で上がってました。奇しくも昨年、死生観を変えるようなケガに苦しみましたが、おかげで人の気持ちをさらにわかるようになった気がします」。

山本優弥
山本優弥
ーー選手としての優弥選手を見れなくなるのは残念です。

「夢は指導者。自分に知り合えた事を喜んでもらえるような存在になりたい。そのために、常に勉強ですね」。
山本優弥
ーー現役最後の舞台となるセレモニーは、どんな内容に?

「まだ今の時点(3.23)では具体的に決まっていないのですが、友人知人、お世話になった方々に来ていただこうと思って声をかけると、200人以上の人が後楽園ホールに喜んで来てくれると。本当に嬉しいです。今は、ここまで導いてくれた人々に、ただただ"感謝"の気持ちでいっぱいです」。
山本優弥
当日は、7試合目が終わった後19:30~20:00頃に、セレモニーが行われる予定。最後の雄姿も、メモリアルな瞬間となることを願っています!
優弥選手、今までお疲れさまでした!

【Krush.65】

[山本優弥選手引退セレモニー]
日時:2016年4月10日(日)17:00開場/18:00試合開始





山本優弥(やまもとゆうや)

Booch Beat所属。広島県出身。1984/07/15。175cm、-67kg,-70kg。
タイトル歴
K-1 WORLD MAX 2009世界トーナメント第三位
K-1 WORLD MAX 2009&2011日本トーナメント準優勝
第23代全日本ウェルター級王者
2001全日本新空手K-2軽量級王者


戦績
63戦34勝(12KO)28敗1分
BODYMAKER サポートアスリート 山本優弥
山本優弥 | 公式ブログ(外部サイトにリンクします)


寺戸伸近選手、宣言通り、第5代Krush-55kg王座に! - 2016年4月 6日 11:24

【試合結果】寺戸伸近選手 Krush.63

去る月20日(日)に後楽園ホールで行われた「Krush.64」。
そのメインイベント(第9試合・3分3R・延長1R)であるタイトルマッチにて、我がBODYMAKERファミリーの寺戸伸近選手が、見事、勝利!悲願の「-55kg王者」の座を獲得しました。5年ぶりのベルト奪取です。

寺戸伸近
寺戸伸近
寺戸伸近
寺戸伸近
会場は、超満員札止めとなる1950人の観客で熱気で満ちあふれていました。そんな中、挑戦者・寺戸選手が、王者・堀尾選手に挑むタイトルマッチがスタート。ジャブや前蹴りで距離を取る堀尾選手に対し、寺戸選手は細かくフェイントを入れて右ローを蹴り、じりじりと前に出て、パンチで飛び込むチャンスを伺います。両者とも探るような状況が続く1R、2R。均衡が崩れたのは、やはり最終、大詰めの3R。堀尾選手が右ストレートから左右のハイキック。寺戸選手が右ローを蹴って、右ストレートを伸ばす。堀尾選手がジャブから前に出ていくと、そこに寺戸選手がどんぴしゃりのタイミングで"飛びヒザ蹴り"。これで堀尾選手がばったりと倒れ、寺戸選手がダウンを奪うという展開に! この後、堀尾選手はダウンから立ち上がるも、形勢を立て直すことは出来ず、鮮やかな飛びヒザ蹴りでダウンを奪った寺戸選手が「第5代Krush-55kg王座」に就きました。 「飛びヒザ蹴り」も「勝利」も、インタビュー時の宣言通り! 頼れる兄貴は、有言実行のさらに輝かしい存在に! BODYMAKER一同、大変嬉しく思っています。そんな兄貴から「メダルの写真」が届きました! 「見せに来てくれる前」に、いち早く画像で届けてくれました。ありがとうございます!
凱旋来社をお待ちしています!
兄貴、おめでとうございました! そして、ありがとうございました!

[試合結果]【Krush.64】

メインイベント(第9試合)/Krush -55kgタイトルマッチ/3分3R・延長1R
判定0-3(※28-29、28-29、27-30)
1,950人(超満員札止め)
寺戸伸近(ISKA世界バンタム級王者/Booch Beat) vs 堀尾竜司(第4代Krush -55kg王者/TRY HARD GYM)





寺戸伸近(てらどのぶちか)

1980年9月9日生まれ。島根県出身。
Booch Beat所属
BODYMAKER サポートアスリート 寺戸伸近
寺戸伸近 | 公式ブログ(外部サイトにリンクします)


前の5件 5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15 次の5件 記事一覧