K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~初代ウェルター級王座決定トーナメント~ - 2017年9月19日 13:00

Krush Krush


■K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~初代ウェルター級王座決定トーナメント~
【日時】2017年9月18日(月・祝)
【会場】さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナ

2017年度、BODYMAKER(ボディメーカー)がスポンサーとして「K-1 WORLD GP 2017 JAPAN」を全面サポート。K-1ウェルター級は人類最激闘区と言われるだけあり、最も激しく最も予測不能な戦いが続出した。



第2試合/K-1 WORLD GP初代ウェルター級王座決定トーナメント・一回戦(1)/3分3R・延長1R

× 渡部太基(Golden Globe/第4代Krush -67kg王者/173cm 67.5kg/29歳)

〇 モハン・ドラゴン(士魂村上塾/ネパール/MA 日本スーパー・ライト級王者/170cm 67.4kg/40歳)

KO(1R 2分15秒)
渡部太基は主戦場のKrushでは、第4代Krush -67kg王者として君臨。K-1ウェルター級(-67.5kg)新設により適正階級での戦いに挑む。一方モハン・ドラゴンは留学生として来日し、30代から格闘技を始め、昨年からKrushに参戦。今年2017年2月Krush.73のKrush -67kgタイトルマッチでは塚越仁志に及ばず負けを喫しているが、勢いのある40歳ファイター。

【1R】パンチで前に出てくるモハン・ドラゴンに対し、渡部太基は前蹴り等で距離を取る。モハン・ドラゴンはパンチの連打を続け、右フックでダウンを奪う。渡部太基は立ち上がるが、続けてモハン・ドラゴンのパンチの連打により2度目のダウン。モハン・ドラゴンは鮮やかなKO勝ちで準決勝進出。

K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN

第3試合/K-1 WORLD GP初代ウェルター級王座決定トーナメント・一回戦(2)/3分3R・延長1R

× 山際和希(谷山ジム/Bigbangウェルター級王者/174cm 67.4kg/28歳)

〇 メルシック・バダザリアン(Muay Thai America Gym/アルメニア/WLF -67kg世界王者/175cm 67.1kg/25歳)

判定0-3(28:29/28:29/28:30)
山際和希は今年2017年2月まで11連勝を記録し、過去には渡部太基とモハン・ドラゴンに勝利し、久保優太とも引き分けた実績の持ち主。メルシック・バダザリアンはトーナメント優勝候補と噂され、元ボクシング6階級制覇のマニー・パッキャオを育てたフレディ・ローチにも師事、現在は武尊と激闘を繰り広げたビクトー・サラビアと同じジムで練習を続けている。

【1R】メルシック・バダザリアンは速くて威力のある左ストレートを繰り出し、山際和希は押され気味。バダザリアンは後ろ回し蹴りなど豪快な技を見せる。
【2R】距離を取りながら山際和希はテンポ良く右ミドルを当てるが、メルシック・バダザリアンはパンチが重く勢いがあり、左ストレートからのパンチの連打でダウンを奪取。
【3R】スタミナが切れてきたメルシック・バダザリアンに対し、山際和希が詰めて右ミドル、右ストレートなど威圧する。メルシック・バダザリアンは手数が減り、クリンチが増え審判に注意されるが、山際和希のペースに持ち込ませずに試合終了となった。

メルシック・バダザリアンが判定勝ちしたが、左肩が上がらずドクターストップとなり、山際和希が準決勝進出となった。

K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN

第4試合/K-1 WORLD GP初代ウェルター級王座決定トーナメント・一回戦(3)/3分3R・延長1R

〇 塚越仁志(K-1ジム・シルバーウルフ/第5代Krush -67kg王者/177cm 67.3kg/33歳)

× ハン・ウェンバオ(中国刑天舞威クラブ/CFP/中国/2016年WLF -70kg級新人王/172cm 67.1kg/20歳)

判定3-0(29:28/29:28/29:27)
塚越仁志はKrush-67kgの現役王者として「僕はKrushをもっと大きくするためにK-1に出る」と、K-1ウェルター級王座決定トーナメントに出場。ハン・ウェンバオは、初代K-1ライト級王者ウェイ・ルイ、今大会で武尊の持つフェザー級王座に挑戦するワン・ジュングァンらと同じ大東翔クラブで日々激しいトレーニングを積んでいる。

【1R】ハン・ウェンバオが前に出て圧力をかけ、右ストレートを当てて塚越仁志をよろめかせる。しかし塚越仁志の飛び膝がハン・ウェンバオの顎にヒット、ダウンを奪った。続けて塚越仁志は膝を連打、ハン・ウェンバオは打たれる。
【2R】ハン・ウェンバオが一転、右ローや左フックを当てていき、塚越仁志はやや苦しい状況。
【3R】ハン・ウェンバオは手数が減らず左フックや右ボディを連打。塚越仁志は前蹴り、ストレートなどでボディを攻め、飛び膝もヒット。1Rでダウンを奪った塚越仁志の判定勝ちとなり、準決勝進出。

K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN

第5試合/K-1 WORLD GP初代ウェルター級王座決定トーナメント・一回戦(4)/3分3R・延長1R

〇 久保優太(K-1ジム五反田チームキングス/K-1 WORLD MAX 2011 -63kg日本王者・初代Krush -67kg王者/175cm 67.5kg/29歳)

× 木村"フィリップ"ミノル(Team Philip/GSA/WSR/ブラジル/GSA/WSR/172cm 67.2kg/24歳)

判定3-0(29:27/29:27/30:26)
かつて数々のタイトルを獲得し、誰もが認める-65kg世界最強に君臨していたものの、新生K-1では厳しい減量に苦しんで思うような結果を残すことができていなかった久保優太は「このトーナメントがラストチャンスのつもりでやろうと思っている」と格闘技人生をかけた戦いに挑む。元同門の後輩と対戦することになって、2人を指導していた矢口哲雄トレーナーと練習していたことを前日会見で明かした久保優太。その事実を初めて知った木村"フィリップ"ミノルは驚き「彼とトレーナーに地獄を見せます」と闘志を燃やし、緊張の漂う前日会見となった。

【1R】久保優太は落ち着いた印象でコツコツと当てるが、木村"フィリップ"ミノルの連打に少しグラつく場面もあった。久保優太はストレートで前に詰め、左ミドルキックを軸に戦う。
【2R】打ち合いから近距離になり、クリンチに。離れるときに久保優太が右のショートフックを当て、油断した木村"フィリップ"ミノルはダウンする。立ち上がってパンチで巻き返しを図るが、久保優太がロープに詰めてパンチの連打を浴びせる。
【3R】木村"フィリップ"ミノルは左アッパー、右フックを仕掛けるものの、久保優太が左フックを当ててダウンを再び奪取。久保優太はさらに左ハイキックを当て、木村"フィリップ"ミノルの右目尻から出血し、ドクターチェックが入った。木村"フィリップ"ミノルは終盤でラッシュをかけるも試合終了。2R、3Rでそれぞれダウンを奪った久保が判定勝ち。

判定負けした後、木村"フィリップ"ミノルは久保優太側についたかつての師・矢口哲雄トレーナーと話し込み、やや涙腺が緩んでいた。

K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN

第9試合/K-1 WORLD GP初代ウェルター級王座決定トーナメント・準決勝(1)/3分3R・延長1R

○ モハン・ドラゴン(士魂村上塾/ネパール/MA 日本スーパー・ライト級王者/170cm 67.4kg/40歳)

× 山際和希(谷山ジム/Bigbangウェルター級王者/174cm 67.4kg/28歳)

KO(2R 2分58秒)
【1R】勢いよくパンチを振り続けるモハン・ドラゴンを、山際和希は右ミドルキック等で冷静に対処。
【2R】大きくパンチを振るモハン・ドラゴン、右フックが当たり山際和希が倒れてまさかのダウンを取られる。モハン・ドラゴンは解説席のに手を振る余裕ぶり。続けて大振りのパンチを当て続け、山際和希は膝などで応戦するも苦しい状況。モハン・ドラゴンはローブローをもらうも効いていないような動きぶり。終盤、左フックが山際和希の顎にあたりダウン、KO負けとなった。

K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN

第10試合/K-1 WORLD GP初代ウェルター級王座決定トーナメント・準決勝(2)/3分3R・延長1R

× 塚越仁志(K-1ジム・シルバーウルフ/第5代Krush -67kg王者/177cm 67.3kg/33歳)

○ 久保優太(K-1ジム五反田チームキングス/K-1 WORLD MAX 2011 -63kg日本王者・初代Krush -67kg王者/175cm 67.5kg/29歳)

KO(1R 2分36秒)
地元埼玉出身の塚越仁志と、後輩の木村"フィリップ"ミノルを倒して上がってきた久保優太との、初対戦。

【1R】久保優太は後ろ回し蹴りなど余裕を見せる。塚越仁志は若干やりにくそうな様子。久保優太は右ローキックを連打、塚越仁志は初戦から痛めていた左足を狙われ倒れ込み、ダウンを取られる。再度立ち上がり飛び膝をしかけるものの、久保優太は容赦なく塚越仁志の左足を再び狙い、ダウンを奪取。

K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN

第14試合/K-1 WORLD GP初代ウェルター級王座決定トーナメント・決勝戦/3分3R・延長1R

× モハン・ドラゴン(士魂村上塾/ネパール/MA 日本スーパー・ライト級王者/170cm 67.4kg/40歳)

○ 久保優太(K-1ジム五反田チームキングス/K-1 WORLD MAX 2011 -63kg日本王者・初代Krush -67kg王者/175cm 67.5kg/29歳)

判定3-0(26:29/27:30/25:30)
モハン・ドラゴンは40歳にも関わらず剛腕を振り回し、決勝戦まで進出。久保優太は負けられない思いを胸に、ローキックをメインに決勝戦まで上り詰めた。

【1R】久保優太は左ミドルキックを2回効かせる。モハン・ドラゴンは思い切り左フックなどを当てる。久保優太は大技を狙うものの、左ローキックや左ハイキックをメインに仕掛ける。
【2R】モハン・ドラゴンは右ローキックなども見せ始める。久保優太は大振りのパンチを避け、距離を取りつつも狙いを定めてパンチを仕掛ける。中盤、スリップしたモハン・ドラゴンに対しダウンを取り始めたレフェリー。モハン・ドラゴンは「何故?」といった顔で抗議し、審判がダウンを取り消すアクシデントがあった。その後すぐに前蹴りを数度仕掛けた久保優太。
【3R】距離を詰めたいモハン・ドラゴンに対し、久保優太は距離を取りつつ左ストレートを数度仕掛ける。大振りでパンチを仕掛けるモハン・ドラゴンのパンチを避け続け、久保優太は左膝をボディに沈めダウンを奪取。終盤はリングコーナーに追い詰め、久保優太は膝やパンチを連打。モハン・ドラゴンの右目尻から流血が見られた。3Rにダウンを奪った久保優太の判定勝ちとなった。

決して綺麗な戦い方ではないモハン・ドラゴンは、次に何を仕掛けてくるか分からない緊張感を会場に見せ、「ヒーローが二人出た」と解説の関根勤や魔裟斗に言わしめた。
"微笑みスナイパー"久保優太はこのトーナメントをラストチャンスと言っていたので、優勝が決まって涙が出てきた。ベルトを巻いた久保優太と木村"フィリップ"ミノルは泣きながら抱擁し、両者たたえ合った。「正直コメントを考えていなくて...一回戦から弟と思っていた木村君と対戦を組まれて、なんて日だと思っていました。久保優太は終わった、と言われていたので、こうやってチャンピオンになって...。負けたら引退しようと思っていたんですけど、もうちょっと続けられそうです。続けていいですか」という涙声に、会場は拍手で答えた。「こうやってチャンピオンになれたので、今日はゆっくりして、支えてくれた先生やチームの皆さんに感謝の言葉を伝えたりとか、おうちに帰ってプロポーズしたりとか、やることいっぱいあるんで、今日はありがとうございました。応援よろしくお願いします。」と素直な感情を伝えた。


K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN



第1試合/K-1 WORLD GP初代ウェルター級王座決定トーナメント・リザーブファイト/3分3R・延長1R

〇 牧平圭太(HALEO TOP TEAM/第3代Krush -67kg王者)

× KENJI(K-1ジムEBISU小比類巻道場)

TKO(3R 1分6秒)
両者は今年2017年3月Krush.74で対戦し、牧平圭太がKENJIの右目尻を切り裂いてドクターストップに追い込んだ。今回の再戦を迎え、互いに勝つ意欲を燃やしてリングに立った。

【1R】牧平圭太が左ローから左ハイでダウンを奪取。
【2R】KENJIはパンチで前に詰める。牧平圭太は左ロー、左ハイとキックで応戦。次第にKENJIは勢いを失う。
【3R】牧平圭太の左ハイが当たり、KENJIのまぶたをカット。奇しくも前回と同じ状況でドクターストップとなり、牧平圭太が勝利。

K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN

第6試合/スーパーファイト/K-1スーパー・フェザー級/3分3R・延長1R

× 島野浩太朗(菅原道場/Krush -60kg WILDRUSH League 2014 優勝/173cm 59.8kg/25歳)

○ 皇治(SFK/ISKA世界ライト級王者/173cm 60.0kg/28歳)

判定0-3(25:29/25:29/25:29)
Krush
Krush・MA日本キックを主戦場に活躍し、現在は3連勝と調子を上げてきている島野浩太朗。皇治はプロデビュー後は国内-60kgのトップ戦線に上り詰め、昨年2016年4月からK-1に参戦している。

【1R】皇治が右ストレートでダウンを奪う。島野浩太朗はパンチの連打に応じるが、終盤にも右ストレートで再びダウンを奪われた。
【2R】皇治が右ストレートでダウン奪取。島野浩太朗は蹴りが減り始めるが、左ボディを連打して挽回する。
【3R】島野浩太朗が左ボディを連打し攻め続ける。皇治は耐えるが、終盤はパンチを何発も受けてしまう。島野浩太朗が苦境の皇治を追い詰めたところでゴングが鳴った。島野浩太朗はわずか及ばず、3度ダウンを奪った皇治が判定勝ち。

K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN

第7試合/スーパーファイト/K-1スーパー・ウェルター級/3分3R・延長1R

○ 日菜太(クロスポイント吉祥寺/K-1 WORLD MAX 2008日本トーナメント第3位/181cm 70.0kg/31歳)

× セルジオ・サンチェス(INDAR VITORIA TEAM/スペイン/WAKOヨーロッパ王者/180cm 69.7kg/31歳)

判定3-0(30:29/30:29/29:28)
Krush
今年2017年6月の第2代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメントでは一回戦で惜しくも敗れた日菜太。長らくスペインのスーパー・ウェルター級のトップファイターとして君臨してきたセルジオ・サンチェスと対戦した。

【1R】セルジオ・サンチェスは前に詰め、頭部が当たり日菜太が左目尻から出血。再開後、左ミドルやローキックを当て主導権を握る。
【2R】接近戦が続き、バッティングで今度はセルジオ・サンチェスが額をカット。ドクターチェックを受け再開し、セルジオ・サンチェスが右アッパーを当て、足を掴んで警告を受ける。対する日菜太も足を掴んで倒した格好になり、警告を受けた。
【3R】日菜太は左のローキック、ミドル、ハイを当てる。コーナーに詰めて左ミドルから左ストレートを出し、日菜太のペースで試合が進む。セルジオ・サンチェスは額から流血しながらも攻撃を続けるが、判定3-0で日菜太が勝利。

K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN

第8試合/スーパーファイト/K-1スーパー・フェザー級/3分3R・延長1R

○ 卜部弘嵩(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST/第2代K-1 WORLD GP スーパー・フェザー級王者/初代・第4代Krush -60kg王者/169cm 60.0kg/28歳)

× 山本真弘(N.F.T.T./IT'S SHOWTIME世界 -61kg級王者/167cm 59.9kg/34歳)

KO(2R 2分51秒)
Krush
現在3連敗とプロキャリアの中で最も厳しい状況にいるが「ちょっとしたものが狂っているだけで、僕は強くなっている」と卜部弘嵩、ベテランの反撃が始まるか。一方、60kg最強として一時代を築いたが、新生K-1旗揚げ以降は新世代の選手たちに苦戦を強いられ、黒星が先行している山本真弘。二人にとって復活をかけた一戦。

【1R】互いに様子を見ながら前蹴り、パンチを仕掛ける。卜部弘嵩の右ストレートで山本真弘が後方に倒れる。
【2R】バッティングがあり山本真弘が鼻を抑え、タイムストップ。再開後、卜部弘嵩はパンチを連打し、山本真弘が倒れダウンを取られる。卜部弘嵩の右ひざが山本真弘のボディをえぐり、2R2度目のダウンを取られた。体に力が入らない山本真弘はサンドバッグ状態になる。卜部弘嵩の右フックが入り、3度目のダウンを奪取。

1Rから倒していく気迫が感じられた卜部弘嵩は、笑顔で「無事復活しました。これからも期待してください」と高らかに宣言した。一方で山本真弘は3連続KO負けを喫した形となった。

K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN

第11試合/スーパーファイト/K-1スーパー・バンタム級/3分3R・延長1R

○ 武居由樹(POWER OF DREAM/第2代K-1 WORLD GPスーパー・バンタム級王者/初代Krush -53kg王者/168cm 55.0kg/21歳)

× 伊澤波人(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST/中国「英雄伝説」世界-57kg級王者/170cm 54.9kg/25歳)

KO(3R 1分10秒)
Krush
かつては足立区の悪ガキ少年だったが、類まれな格闘センスですぐに頭角を現し、K-1王者に昇りつめた武居由樹の初戦は、日本人対決となった。日本だけでなく中国でもその実力を知られる存在である伊澤波人との一戦。

【1R】素早いローキックを出す伊澤波人に対し、武居由樹はパンチの連打から左のハイキックにつなげて前に出る。伊澤波人は当たっているもののあまり効いている様子が無く、ローキックを続ける。武居由樹はジャブ、前蹴りと攻めていく。
【2R】飛び膝やハイキック、前蹴りを混ぜながらパンチを出す武居由樹に対し、伊澤波人のガードは堅い。じわじわと伊澤波人は前に詰め、ローキックを中心に攻める。
【3R】武居由樹はパンチから左のハイキックで1度目のダウン奪取。1、2パンチでボディを攻め、2度目のダウンを奪取。リングコーナーに詰めパンチを連打、3度のダウンを奪取しKO勝ちとなった。

「対戦してくれた伊澤波人選手、ありがとうございます。いつも応援してくれる皆さん、大好きです。これから僕もK-1を引っ張っていく一人になりたいです」と、リング上の厳しい表情とは一転し爽やかな笑顔で語り、礼儀正しさが魅力として際立った。

K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN

第12試合/スーパーファイト/K-1スーパー・フェザー級/3分3R・延長1R

× 大雅(TRY HARD GYM/第3代K-1 WORLD GPスーパー・フェザー級王者/165cm 60.0kg/21歳)

○ スタウロス・エグザコスティディス(Nasos/Mejiro Gym/ギリシャ/WKBC世界スーパー・フェザー級王者/168cm 60.0kg/30歳)

KO(1R 2分41秒)
Krush
かつてK-1MAXで魔裟斗や山本"KID"徳郁らと数々の出来等を繰り広げてきた"鉄の拳"マイク・ザンビディスと同じギリシャ出身のスタウロス・エグザコスティディス。今年2017年2月に第3代スーパー・フェザー級王座を獲得した大雅は、K-1での活躍に燃えているギリシャのベテランと戦うことになった。。

【1R】コーナーに詰めてパンチを素早く仕掛ける大雅。スタウロス・エグザコスティディスはガードを固めながら左カウンターを仕掛け、1つ目のダウンを奪取。素早く右フックで再びダウンを奪取。ぐらつく大雅を飛び膝やパンチで追いかけ、左フックを決め3度ダウンを奪った。勢いのあるスタウロス・エグザコスティディスのKO勝利となった。

スタウロス・エグザコスティディスは憧れの日本で戦ったこと、K-1王者に勝ったことに嬉しさを表し、最後は「ありがと」と日本語で語った。

K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN

第13試合/【HEARTS Asset Management株式会社 Presents】 K-1 WORLD GPフェザー級タイトルマッチ/3分3R・延長1R

○ 武尊(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST/初代K-1 WORLD GPフェザー級王者/初代K-1 WORLD GPスーパー・バンタム級王者/初代Krush -58kg王者/168cm 57.5kg/26歳)

× ワン・ジュングァン(中国高大拳クラブ/中国/挑戦者/GOH 第1回57kg級4人トーナメント優勝/170cm 57.3kg/22歳)

判定3-0(30:29/30:29/30:28)
Krush
"中国の武尊"と呼ばれているワン・ジュングァンは、今年2017年7月のKrushで行われた日本vs中国対抗戦で里見柚己を下した直後に、武尊に挑戦をたたきつけた。スーパー・バンタム級とフェザー級の2階級で初代王座決定トーナメントを制し、K-1史上初の2階級制覇を達成したカリスマ・武尊が、「純粋に殴り合いがしたいと思った」と今回の初防衛戦を迎えた。

【1R】バックスピンキックを出すワン・ジュングァンに対し、武尊もバックスピンキックを返すなど、素早い攻撃を仕掛ける。武尊の手数が上回る。
【2R】ワン・ジュングァンは落ち着いて戦い、中盤、前蹴りなど仕掛ける。武尊は連打に巻き込まれない様に避け、リングコーナーにやや追い詰めてパンチする。ワン・ジュングァンが左ハイキックを出すと左ハイキックや右ひざ等、出された技と同じものを返す武尊。五分五分の展開だが、ワン・ジュングァンはやや手数が減ってくる。
【3R】ワン・ジュングァンは前蹴りをするが、武尊は前に詰めていく。バックハンドブロー、ローキックを仕掛ける武尊。近い距離での打ち合いが続く。右の側頭部が大きく腫れあがった武尊はお構いなしに、残り30秒でラッシュを仕掛ける。

最近の試合の中では苦戦した印象だが、武尊は「KOできなくてすみません。K-1は世界最強なので、僕が先頭で引っ張っていきます。K-1最高!」とマイクで叫んだ。

K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN K-1 WORLD GP 2017 JAPAN

2017-格闘技がさらに熱くなる!

BODYMAKERは格闘技ブランドとして、より一層格闘技を盛り上げるべく2017年度、「K-1 WORLD GP 2017 JAPAN」及び「Krush」全大会の年間スポンサーとして、サポートしていきます。

全てのアスリートのための日本発スポーツブランド 「ボディメーカー」BODYMAKERが全面サポート

世界最高峰の立ち技格闘技「K-1」、超破壊型打撃格闘技「Krush」がBODYMAKERに染まる!試合結果・レポートは随時BODYMAKER公式サイトにて更新していきます。

K-1 グローブ にはすべて「BODYMAKER」のブランドロゴが配置。さらに、グローブにK-1 人気選手のサインを頂き、大会ごとにSNSでプレゼントキャンペーンを実施中。コンテンツやイベントもお見逃しなく!!

次回大会INFOMATION


Krush.80 - 2017年9月15日 13:00

Krush Krush Krush


■Krush.80
【日時】2017年9月8日(金)
【会場】後楽園ホール

2017年度、BODYMAKER(ボディメーカー)がスポンサーとして「Krush」を全面サポート。Krushで女子-45kgの階級を新設することとなり、今大会で初代Krush女子-45kg王座決定トーナメントが開催される。決勝は2018年予定。

第4試合/初代Krush女子 -45kg王座決定トーナメント・準決勝/3分3R・延長1R

× 443(NEXT LEVEL渋谷/KOSピン級王者/45.0kg)

〇 COMACHI(MSJキックボクシングジム/WPMF日本ピン級王者/44.1kg)

判定1-2(30:29/28:29/28:29)
443は過去2回COMACHIに勝ったことがある。3度目の対戦は初代Krush女子 -45kg王座決定トーナメントの準決勝となった。

【1R】空手が土台にあるCOMACHIは前蹴りを積極的に出す。443は手数が多く、押しの強さが見られた。
【2R】突進力のあるCOMACHIに対し、443は落ち着いて対処する。
【3R】速い攻撃でCOMACHIは連打する。終盤戦は接近戦で、443は盛り返して前進する。判定は1-2で初めてCOMACHIに勝利が訪れた。

Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78

第5試合/初代Krush女子 -45kg王座決定トーナメント・準決勝/3分3R・延長1R

× 平岡琴(K-1 GYM YOKOHAMA TEAM TORNADO/2014年全日本女子ウェイト制空手道選手権軽量級優勝/45.0kg)

〇 松下えみ(T-KIX GYM/J-GIRLSピン級王者/45.0kg)

判定0-3(28:30/28:30/28:30)
多団体で27戦目という松下えみに対し、Krushで戦ってきた平岡琴は7戦目。

【1R】序盤から松下えみはパンチを連打で前進する。空手をしてきた平岡琴は距離を取りたく前蹴り等で応戦するが、松下えみに前に詰められる。
【2R】松下えみは押しが強く、パンチの連打が止まらない。平岡琴は前蹴りし松下えみの顔面に入り、やや距離を取ることが出来た。
【3R】平岡琴の前蹴りが松下えみの顎に入ってロープ際でぐらついた。しかしながら松下えみは前に出てきてラッシュを再開し、コーナーに詰められた平岡琴。パンチの手数が際立ち、松下えみの判定勝ち。
COMACHIと松下えみが、初代Krush女子 -45kg王座トーナメントの決勝戦に進んだ。COMACHIは「気持ちも体も強くして勝つ」とコメントし、松下えみは「いい試合をしましょう」と来年への宣言を行った。

Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78

第6試合/Krush -70kg Fight/3分3R・延長1R

○ 山内佑太郎(HALEO TOP TEAM/173cm 70.0kgkg)

× 小鉄(K-1ジム目黒TEAM TIGER/173cm 70.0kg)

判定3-0(30:29/29:29/30:29)
2015年10月、Krush -70kgタイトルマッチで靭帯を切断し判定負けして以来、手術とリハビリを経て約2年ぶりに試合に出場する山内佑太郎。2015年8月Krush -70kg次期挑戦者決定戦で山内佑太郎に敗れた小鉄は、それ以降3連敗を喫す。復活とリベンジ、互いに因縁の再戦を果たす今戦。

【1R】序盤、山内佑太郎は小鉄の動きを見ていたが、終盤にパンチや前蹴りを仕掛ける。
【2R】山内佑太郎は相手を翻弄するのがうまく、小鉄は距離を詰めてボディ打ちをする。互いに冷静に見て試合を進める。
【3R】山内佑太郎は右ローキックなど効かせ、小鉄は左まぶたから出血しつつも。互いに距離を詰め、山内佑太郎はパンチを仕掛ける。
「諦めきれなくてKrushに戻ってきました。一人でなくて、そばで見守っている方やサポートがあるから戦える。スピードも派手さもセンスも無いけれど、みんなのおかげで頑張っています」と、最後に両親への感謝を述べる山内佑太郎。39歳で約2年ぶりに復帰した山内佑太郎へ、鳴りやまない拍手が鳴った。

Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78

セミファイナル(第7試合)/スーパーファイト/-62.5kg契約/3分3R・延長1R

○ 卜部功也(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST/初代K-1 WORLD GP -60kg王者/172cm 62.5kg)

× ヤニック・レーヌ(Academie des Boxes de Villejuif/ISKA世界ライト級王者/172cm 62.2kg)

判定3-0(30:28/30:27/30:27)
今年2月の初代ライト級王座決定トーナメントで、ゴンナパー・ウィラサクレックに敗れてから7か月という長期欠場を得て、格闘技に向き合ったという卜部功也。念願だったという日本へ来た、フランスより初Krush参戦のヤニック・レーヌとの一戦。

【1R】序盤、バッティングでヤニック・レーヌは右まぶたをカットしドクターチェックが入る。卜部功也が探りで三日月蹴りをしたところ、嫌がっている様子のヤニック・レーヌ。卜部功也は顎やボディに突き刺すパンチを当て、隙を逃さない。
【2R】卜部功也は前に出て、ヤニック・レーヌをリング際に追い詰め、左ストレート等パンチを浴びせる。柔軟性があるヤニック・レーヌは攻撃を吸収し、よく動き、的を絞らせない戦い方を見せる。
【3R】卜部功也はよく動くヤニック・レーヌを仕留めきれない。相手の動きを見て左フックなど大きく仕掛けるものの、かわされてしまう。判定で勝ったものの、表情は明るくなかった。

Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78

メインイベント(第8試合)/第2代Krush -53kg王座決定戦/3分3R・延長1R

○ 軍司泰斗(K-1ジム総本部チームペガサス/K-1甲子園2016 -55kg王者/53.0kg)

× 隆聖(ドージョー☆シャカリキ /挑戦者/164cm 53.0kg)

判定3-0(30:24/30:24/30:24)
この春に高校を卒業し、初めてタイトルマッチに挑む19歳の軍司泰斗。タイトルに手をかけるのは3度目の21歳の隆聖。武居由樹が階級アップのためKrush -53kg王座を返上したため、若き二人のタイトルマッチが組まれた。

【1R】軍司泰斗は右ハイキックなど圧力をかける。返す隆聖に対し、軍司泰斗はパンチのラッシュを仕掛ける。マットに手を付いていないが、スタンディングダウンを2度取られた隆聖。
【2R】勢いに飲まれた隆聖。軍司泰斗は右ストレート、右ひざなど積極的に当てる。後ろに倒れて再びダウンを取られた隆聖は、立ち上がり前蹴り等を返すものの、力の差は明らか。
【3R】隆聖はパンチをしかけるものの軍司泰斗は避ける。最後まで隆聖は攻め続けたが、軍司泰斗の威力あるパンチを再び浴びる。互いの積極的な姿勢に、会場から大きな拍手が沸いた。

Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78

2017-格闘技がさらに熱くなる!

BODYMAKERは格闘技ブランドとして、より一層格闘技を盛り上げるべく2017年度、「K-1 WORLD GP 2017 JAPAN」及び「Krush」全大会の年間スポンサーとして、サポートしていきます。

全てのアスリートのための日本発スポーツブランド 「ボディメーカー」BODYMAKERが全面サポート

世界最高峰の立ち技格闘技「K-1」、超破壊型打撃格闘技「Krush」がBODYMAKERに染まる!試合結果・レポートは随時BODYMAKER公式サイトにて更新していきます。

K-1 グローブ にはすべて「BODYMAKER」のブランドロゴが配置。さらに、グローブにK-1 人気選手のサインを頂き、大会ごとにSNSでプレゼントキャンペーンを実施中。コンテンツやイベントもお見逃しなく!!

次回大会INFOMATION


2017年9月17日「全関西空手道選手権大会」開催 - 2017年8月28日 14:10

2017年9月17日「全関西空手道選手権大会」が、大阪・守口市民体育館で開催されます。
関西トップクラスの選手たちの試合を生で観戦できるチャンス!
当日はあの大阪グルメの名店が一挙集結!ミシュランの☆とるお店など、11店舗の名物グルメを気軽に楽しめます。
大会をさらに盛り上げる楽しいイベントも開催されますので、家族や恋人と、友達同士でも一日中楽しめます。
チケットは当日会場で!ぜひご来場ください!
もちろんボディメーカーのブース販売も致します!皆様にお会いできるのを楽しみにしています。

日時:2017年9月17日(日) 9:00 OPEN
場所:守口市民体育館
〒570-0038 大阪府守口市河原町9−2 守口市民体育館
入場料:2,000円(小学生無料)

北河地J:com特番にて放送されます。
【第1回目放送】10/7(土)...21:00~21:30
【第2回目放送】10/21(土)...21:00〜21:30

▼大会の詳細はこちら
大会・イベントに関する各種お問い合わせは「新極真会 大阪東部支部 阪本道場」まで
http://www.osaka-damasii.com/akt32.html akt32mainimage.jpg akt2017_no32_11.jpg

krush.79 - 2017年8月25日 14:00


【日時】2017年8月20日(日)
【会場】名古屋国際会議場イベントホール

2017年度、BODYMAKER(ボディメーカー)がスポンサーとして「Krush」を全面サポート。今大会は佐藤嘉洋氏が名古屋krush大会実行委員長に就任して2回目。初回は2012年で、今や世界屈指のファイターへと成長した野杁正明が「名古屋でもKrushを」という提言から実行に至った。今大会を心待ちにしているファンが大勢いた。チケットは大会45日前に全席完売という、地方大会では快挙を達成した。

第3試合/Krush -65kg Fight/3分3R・延長1R

○ 篠原悠人(DURGA/K-1甲子園2015 -65kg王者)

× 近藤拳成(大成会館/K-1甲子園2016 -65kg王者)

KO(1R 2分27秒)
K-1甲子園で圧倒的な強さで優勝した篠原悠人、父親が空手道場の代表を務め格闘技一家に生まれた近藤拳成。大阪で共に練習する仲という二人が、今大会で対戦する事となった。

【1R】10代の二人が激しいパンチの打ち合いを繰り広げ、会場はどよめく。頭を下げてしまう近藤拳成に対し、篠原悠人は容赦なく圧倒的にパンチを繰り出す。近藤拳成はダウンをくらい、一度立ち上がろうとするが膝から崩れた。

Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78

第4試合/Krush -63kg Fight/3分3R・延長1R

○ 東本央貴(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)

× 泰斗(チーム泰斗)

判定2-0(30:28/29:29/29:28)
2012年からスタートしたKrush名古屋大会に6年連続で全大会に出場している"名古屋のお祭り男"泰斗。サウスポーから繰り出す強烈な左ストレートを武器にKrush-63kg戦線でキャリアを積み、上京して練習環境を変えた東本央貴の、3度目の対決。

【1R】東本央貴がロー、フックを当て先手を取る。
【2R】連打をするも互いに大差はなく、なかなか突破口を見い出せない。
【3R】二人とも手数が増え、3Rから泰斗はパンチがより見られるようになったが、全般的に押していた東本央貴が判定勝ちした。

Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78

第5試合/Krush HEAVYWEIGHT Fight /3分

× 愛鷹亮(力道場静岡/Bigbangヘビー級王者)

○ 岩下雅大(BULLS)

判定0-3(9:30/29:30/28:30)
今回のKrushに初参戦、そして11月の初代K-1ヘビー級王座決定トーナメントの参戦につなげたい岩下雅大。柔道、警察の機動隊員を経て立ち技格闘技の道を志し、岩下と同じく初代K-1ヘビー級王座決定トーナメント参戦を目指す愛鷹亮。

【1R】岩下雅大がジャブをしかけ、ローを当て続ける。
【2R】レフェリーが二人に攻撃を出すよう注意。愛鷹亮が圧力を強めて左フックを当て、岩下雅大が左右のローを当てる。
【3R】相手の攻撃を良く見合ってからのローキック、とび膝を仕掛ける岩下雅大。技が優勢していた岩下雅大の判定勝ち。


Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78

第6試合/Krush -58kg Fight/3分3R・延長1R

○ 大岩龍矢(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)

× 古谷野一樹(クロスポイント古河/REBELS 57.5kg級王者)

TKO(1R 2分40秒)
軽量級離れしたパワーを誇り、ヘビー級の相手にも腕相撲で勝つという怪力の持ち主・大岩龍矢は地元名古屋での参戦。古谷野一樹は初代REBELS 57.5kg王者としてKrushに乗り込む形となり、過去に勝利している大岩龍矢との約4年ぶりの再戦となった。

【1R】互いに勢いよく、スピーディにパンチを繰り広げる。大岩龍矢はロープ際に追い詰めラッシュを放ち、立ったままで古谷野一樹のダウンを奪う。古谷野一樹は顔面の出血がありタイムストップ。大岩龍矢はKO勝ちした喜びを、地元名古屋のファンと分かち合った。


Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78

K-1 WORLD GPスペシャルエキシビションマッチ

武尊(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST/初代K-1 WORLD GPフェザー級王者、初代K-1 WORLD GPスーパー・バンタム級王者)

武居由樹(POWER OF DREAM/第2代K-1 WORLD GPスーパー・バンタム級王者)

勝敗無し
ナチュラル・ボーン・クラッシャーと呼ばれ、K-1史上初の2階級制覇も達成した現K-1フェザー級王者・武尊。今年4月の第2代K-1スーパー・バンタム級王座決定トーナメントで優勝した、若きチャンピオン武居由樹。K-1王者同士のエキシビションマッチは、名古屋大会での醍醐味の一つ。大会実行委員長の佐藤嘉洋は技術レベルが高いこの二人のマッチを、とても楽しみにしていたという。今大会の煽りVTRの監督・脚本・主演を行い、キング・オブ・エンターテナー、第2代Krush -70kg王者の城戸康裕が、リングアナウンサーとレフェリーをつとめた。

【1R】静まり返った会場で、試合さながらの雰囲気で二人は打ち合いを続ける。終盤、武居由樹の左のパンチに武尊は笑顔を見せた。
【2R】接近戦でパンチを繰り広げる。城戸康裕レフェリーが二人に割って入ると会場は和んだ。武尊はバックブローなどを見せ、威圧感を示す。

武尊の胸を借りるつもりで参戦した武居由樹は「怖いっす」と笑顔で感想を述べた。武尊は、かつて自身が持っていたスーパー・バンタム級のベルトを現在保持する21歳の武居由樹について、「思ってたよりも強かった」と評す。二人にとって、9月のK-1への刺激となった一戦となった。


Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78

トリプルメインイベント第1試合(第7試合)/スーパーファイト/日本vs世界・3対3マッチ/Krush女子 -50kg Fight/3分3R・延長1R

○ KANA(K-1ジム・シルバーウルフ/第2代Krush女子王者)

× エミリー・マシュー(フランス/Team Lamouret/ISKA K-1ルール世界王者)

KO(1R 2分55秒)
アマチュア時代から類まれな格闘センスで注目を集めるKANA。今年1月にメロニー・へウへスに敗れて初黒星を喫し、Krush女子王座奪還を目指している。プロ4戦で無敗を誇り、すでにISKAの欧州&世界タイトルを獲得しているフランスの強豪、エミリー・マシューとの一戦。

【1R】マシューはミドルやロー、KANAもミドルやローを返す。1ラウンド終了直前、KANAの右、左、右フックがエミリーの顔面にヒット。エミリーは宙に浮き、リングに倒れてKOとなった。祖父母が初めてKANAの試合を見に来たとのことで、鮮やかなKO勝利をプレゼントした形となった。

Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78

トリプルメインイベント第2試合(第8試合)/スーパーファイト/日本vs世界・3対3マッチ/Krush -65kg Fight/3分3R・延長1R

○ 大和哲也(大和ジム/2010 K-1 WORLD MAX 2010 -63kg日本王者)

× エルソン・パトリック(アンゴラ/Double K Gym/Strikers League -65kgポルトガル王者)

KO(2R 2分4秒)
2005年のプロデビュー以降、キックボクシングで国内外のタイトルを次々と獲得し、「心が体を動かす」という言葉に動かされて合気道も始めた、ベテラン大和哲也。スペイン・ポルトガルの立ち技格闘技「Strikers League」の-65kgポルトガル王座を獲得した、Krush初参戦エルソン・パトリックとの対戦。

【1R】大和哲也が左右ボディ、ミドル等を当てる。パトリックも前蹴り等で応戦。二人とも時々サウスポーにスイッチして様子を見る。
【2R】ボディ打ちを多用する大和哲也に対し、エルソン・パトリックのパンチはリーチが長くヒット。大和哲也の左目元が割れ、流血でチェックが入る。試合再開後、大和哲也はとび膝など次々と展開。右カウンターでパトリックは回るように倒れた。ロープ際に追い詰めパンチを連打。地元名古屋での大和哲也のKO勝利となった。

Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78

トリプルメインイベント第3試合(第9試合)/スーパーファイト/日本vs世界・3対3マッチ/Krush -65kg Fight/3分3R・延長1R

○ 野杁正明(K-1ジムEBISU小比類巻道場/第2代K-1 WORLD GPスーパー・ライト級王者)

× ディエゴ・フレイタス(ベネズエラ・ボリバル共和国カラカス/ISKA欧州スーパーライト級王者)

KO(2R 1分14秒)
今年6月にK-1スーパー・ライト級王者ゲーオ・ウィラサクレックの持つベルトに挑戦し、延長判定の末にゲーオを撃破。対日本人無敗の最強王者に土を付けた野杁正明は今回、日本vs世界の大将として、K-1王者として戦う。対するディエゴ・フレイタスはK-1・Krushでも国内外の強豪ひしめく激戦区スーパー・ライト級にポルトガルの実力者が殴り込んできた。

【1R】ガードが堅い二人。サウスポースタイルの野杁正明に対し、ディエゴ・フレイタスは同じ技をそのまま返す。技の豊富さは野杁正明が勝り、三日月蹴り、前蹴り、左ボディ等を仕掛ける。
【2R】互いに力強く接近してパンチ、キックを仕掛ける。ディエゴ・フレイタスはガードの合間を縫って前蹴りやハイキックを繰り出す。野杁正明はボディ、膝蹴り、前蹴りをヒット、KOで仕留めた。地元名古屋大会の野杁正明の記録は全て勝利となった。

Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78 Krush.78

2017-格闘技がさらに熱くなる!

BODYMAKERは格闘技ブランドとして、より一層格闘技を盛り上げるべく2017年度、「K-1 WORLD GP 2017 JAPAN」及び「Krush」全大会の年間スポンサーとして、サポートしていきます。

全てのアスリートのための日本発スポーツブランド 「ボディメーカー」BODYMAKERが全面サポート

世界最高峰の立ち技格闘技「K-1」、超破壊型打撃格闘技「Krush」がBODYMAKERに染まる!試合結果・レポートは随時BODYMAKER公式サイトにて更新していきます。

K-1 グローブ にはすべて「BODYMAKER」のブランドロゴが配置。さらに、グローブにK-1 人気選手のサインを頂き、大会ごとにSNSでプレゼントキャンペーンを実施中。コンテンツやイベントもお見逃しなく!!

次回大会INFOMATION


2017.8.24(木)献血にご協力いただきありがとうございます。 - 2017年8月25日 11:03

2017224_kenkets_1200x450_2.jpg

献血にご協力いただきありがとうございます。
献血受付者134名、内採血数124名の皆様にご協力頂きました。
次回は2017年2月26日を予定しております。
皆様のあたたかいご協力をお待ち申し上げます。


株式会社BB-SPORTSは、毎年本社にて献血活動を実施しております。いつもご協力いただいている方、はじめての方も是非、近隣にお知り合いの方がいらっしゃればお誘い頂ければ嬉しく思います。

日本国内では、1日あたり約3,000人の患者さんが輸血を受けていると言われています。現在、輸血に使用する血液は、まだ人工的に造ることができず、長期保存することもできません。また、患者さんによっては大量の輸血を必要とする場合があります。このため、輸血に必要な血液を確保するためには、一時期に偏ることなく、1日あたり約15,000人の方に献血にご協力いただく必要があります。

日本国内では、少子高齢化の影響により、主に輸血を必要とする高齢者層が増加し、若い世代が減少しています。10代と20代の献血協力者数はこの10年間で32%(約60万人)も減少しており、少子高齢化が今後ますます進んでいくと、血液の安定供給に支障をきたす恐れがあります。今後も患者さんに血液を安定的に届けるためには、今まで以上に若い世代の献血へのご理解とご協力が必要となります。

LOVE in Action

前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 次の5件 記事一覧