春のマイジムフォトコンテスト開催 - 2020年3月 3日 10:50

BODYMAKER春のマイジムフォトコンテスト開催!
貴方のご自宅のトレーニングジムの写真をTwitterに投稿して自慢しちゃいましょう!
募集期間
2020年3月1日(日) ~ 2020年3月31日(火) 23:59までに期間延長いたしました。
ご参加いただいた方の中から抽選で5名様にはBODYMAKERのAREUS粉末プロテイン22gをどどーんと100個セットでプレゼント!
BODYMAKER公式アカウントでもご紹介させていただきます!

■参加方法
BODYMAKERショップで購入した商品を写真に入れて、ハッシュタグ#bodymakerマイジムを付けてマイジム(ご自宅の筋トレルーム)の写真をツイートするだけ!

■当選者の発表方法
①4月10日(金)にBODYMAKER公式TwitterアカウントからDMにてお知らせします!
②1週間以内に賞品の送り先等をご返答いただければ当選確定!(DMは開放してお待ち下さい)
 ※1週間以内にご返答いただけなかった場合には再抽選となりますのでご注意ください。
③公式アカウントより、応募ツイートを引用リツイートするかたちで発表いたします!
■注意事項

・応募者の年齢は18歳以上の方に限られます。
・応募はお1人様1回のみとさせていただきます。
・ご自宅のトレーニングルームの写真のみが対象です。個人情報が特定されるような映り込みには十分ご注意ください。
 トラブルに関しては一切責任を負いかねます。
・当選作品に限らず、応募作品やそのコメント等はBODYMAKER株式会社HP、その他関連サイト、及び関連媒体等でも紹介させていただく場合があります。
 その際、トリミングやコメント等を一部抜粋させていただく場合がございますことをご了承ください。
・ツイート非公開・ハッシュタグがついていないツイート・写真のないツイートは、応募対象外となります。ご注意ください。



2月22日(土) 蔦屋書店 茂原店オープン - 2020年2月25日 14:04

BODYMAKER店舗が「蔦屋書店 茂原店」内に「BODYMAKER SHOP」としてオープン!
スポーツや健康への関心が日々高まってくる中、新しくスポーツというカテゴリーでBODYMAKERアイテムを導入し、販売を開始しました。
「蔦屋書店 茂原店」の店内にBODYMAKERアイテムが並ぶことで、お客様に商品を直接手にとって感じていただいたり、またスポーツを満喫していただく事が可能になりました。
ぜひ、「蔦屋書店 茂原店」の「BODYMAKER SHOP」へのご来店をお待ちいたしております。
柔らかい・軽い 格闘技から生まれたアッパーニットスニーカーも販売!

蔦屋書店 茂原店オープン 2月22日(土) New Open!

住所
〒297-0012
千葉県 茂原市六ツ野八貫野2785番1





抜井亮瑛選手の撮影をしました - 2020年2月15日 18:00

BODYMAKERジムがある複合施設「岸和田カンカン」には、さまざまなスポーツショップがテナント出店しています。
今日はその中でもクライミングのビッグウォールを運営する「グラビティリサーチ岸和田店(運営:好日山荘)」様にご協力頂き、
スポーツクライミング日本代表選手として世界で活躍する抜井亮瑛選手の撮影をしてきました!

737A9846.jpg

抜井選手も練習で通うというグラビティリサーチのスタッフ様は皆さまとても親切で感激しました!
おかげでダイナミックでカッコいい写真をたくさん撮ることができましたので、皆様公開をお楽しみに☆


737A9815.jpg


ボルダリングに興味のある方は、是非、グラビティリサーチ岸和田店に足を運んでみて下さい。
巨大なビッグウォールは圧巻です!

【グラビティリサーチ岸和田店】
072-432-2020 
平日 13:00~22:00 土日祝10:00~20:00
大阪府岸和田市港緑町3-1 岸和田カンカンベイサイドモールWEST 1F
▼ホームページはこちら


17E03E8B-4FA1-4C13-BA74-0652086FAAA1.jpg

パラエストラ大阪 タクミ代表にインタビュー! - 2020年2月 6日 12:00

パラエストラ大阪の代表を務めていらっしゃる第三代フェザー級キングオブパンクラス王者の タクミ代表にお話を伺いました。

パラエストラ大阪は総合格闘技(MMA)、柔術、キックボクシングなど多種に渡り指導を行っているジムです。

パラエストラ大阪タクミ画像

――パラエストラ大阪はどのようなジムでしょうか。

柔術の最大のアカデミーとして中井祐樹先生が作った全国にあります『パラエストラ』というジムの大阪支部です。ブラジリアン柔術と総合格闘技の二つを中心にキックボクシングやグラップリング、柔術や総合格闘技なども習える道場として17年目になります。

――パラエストラ大阪の魅力を教えてください。

まず一つは大阪市内という都市部にも関わらず練習スペースがあるところですね。マットスペース、ケージもありさらにウェイトトレーニングもできる。BODYMAKER(ボディメーカー)さんで揃えさせていただいたダンベルやマシンもありますし。一通りトレーニングができるものはそろっています。柔術を始めてみたい方はもちろん、身体を鍛えたいといった方。柔術、キックボクシング等、大人だけでなく子供も色んな方に対応してご利用いただけるといったところですね。ご利用しやすいと思います。

パラエストラ大阪タクミ画像

――お客様の総合格闘技や柔術のご利用の割合を教えてください。

中井先生が現在ブラジリアン柔術連盟の会長を務めていらっしゃるので、柔術といったイメージが強いので、それに伴ってか会員様も柔術を中心に練習される方が多いですね。うちでは8割近くの方が柔術を中心に練習をされていますね。会員様のほとんどがアマチュアの方です。会社帰りに練習に来られるサラリーマンの方、特に30代以上の方が結構多いです。
柔術は誰でも続けやすいというのが特徴です。総合格闘技は顔面を殴られたりするので、サラリーマンで営業の方とかは厳しいですよね。
柔術は、スパーリングとか寝技が多いので比較的怪我が少ないんです。寝技の研究とかしてるだけでも楽しいですしね。継続しやすく、自分が次どこを目指すべきかの設定がしやすいと思います。そういった面から柔術は格闘技に関わってこなかった方も入りやすい競技だと思います。

――今まで格闘技をされてない方の利用も多いのでしょうか?

ほとんどがそうですね。一般の方が、趣味で始められる......つもりだったのが結構ムキになって毎日のように練習に来られる方もいらっしゃいますね。もちろん学生もいらっしゃいますがサラリーマンの方が多いです。中には50代以上の方もいらっしゃいますね。ずっと格闘技が気になってはいたけれども、なかなか踏ん切りがつかずという方もいらっしゃって、いざ始めてみたらもっと早くから始めていればよかったという声が多いですね。

パラエストラ大阪タクミ画像

――柔道と柔術の違いを教えてください。

簡単に言うと柔道はメインが立ち技。立って組んで、投げ技がいかに綺麗に決まるかを競う競技です。綺麗に背中から落としたら一本で終わりなんですけれども、実際綺麗に受け身をとっても本来の戦いでいったらそこで終わるわけではなく、寝技が始まる。それを含めてやるのが柔術で、寝技が8.9割です。寝技をどんどん競い合わせる競技が柔術です。あくまでもメインは、ですけどね。柔術で立ち技をやってもいいですし。

――タクミ代表の総合格闘技との出会いを教えてください。

1993年のUltimate Fighting Championshipという大会です。色々な強い人が集まって誰が世界一強いのかを決める大会で、ひょろっとした柔道着のようなものを着たホイスグレイシーという選手が、プロレスラーのような大柄の人たちを無傷で倒して優勝したんです。それがインパクトが強くて。自分は当時柔道をやっていたので、柔道着のようなものを着た彼は無関係ではないなと感じました。柔道というものは当時プロがなくお金稼げない競技でした。ボクシングなどの打撃系競技はプロになってお金を稼ぐといった夢を持てたらいいなと思っていたところに、ホイスグレイシーが出てきて。彼を見て柔道の技ををベースにして打撃を覚えたら自分でもできるんじゃないかと思いました。そして東京で中井先生に弟子入りして現在に至るといったところですね。

パラエストラ大阪タクミ画像

――タクミ代表は総合格闘技を引退されてからも多くの競技への挑戦をされていますよね。

私が総合格闘技から引退したのが、年齢もあったのですが身体のダメージです。脳とか、関節にかなりダメージが積もっていて。総合格闘技という一番ハードな舞台にこれ以上出続けると身体が壊れてしまうとなり、そうすると日々の仕事・ジムでの運営・指導もできなくなると困るので引退しました。指導できる身体を残しつつ、単純に総合格闘技から打撃を引いた柔術やグラップリングだったらまだその肉体的負担も少ないですので、そこで本業に差し支えがでない程度でやっていけたらいいなと思いまして。グラップリングだけとか、柔術の練習でまた試合に出れたらまた出場していきたいなと思っています。

――試合に出場するの事の魅力は何でしょうか?

非日常感を味わえることですね。何千人とかの大勢の前の舞台で戦っているその瞬間は二人ともが主人公になれるというか。プロは見てくれる人ありきなので、どうやったら沸かせられるかなとよく考えますね。この間出場した試合は全然沸かせられなかったんですけども。そこはまあリアルなので、沸かせられなかったら悔しいですし。見に来てくれた方を楽しませられたらなと思っているんですけども。本当に何千人何万人の人を楽しませられるっていうのは特殊な人だと思うので。そういう存在には憧れがあって、そういう存在になれたらなと思いますね。

パラエストラ大阪タクミ画像

――トレーニングの魅力を教えてください。

格闘技は相手がいて、相手が強ければ自分が頑張っても弾かれてしまい上達を実感できない時があるんですよ。でも、筋トレは鏡を見たら日々自分の身体が変わっているので、良くも悪くも自己完結できる。鏡見て筋肉が大きくなったなと思うと、それだけで気分が良くなれるじゃないですか。ウエイトトレーニングはやり方さえ間違えなければ、マシンで怪我をすることは基本ないですし。いい意味で自己満足できる。最近だらしない身体になってきたから引き締めよう、というくらいでしたらうちのジムを利用してくれたらと思います。あと、格闘技は怪我して練習ができない時期がどうしてもできるんですよ。そういう時でも筋トレはできますし。そういった点でもマシン等、色々揃えて良かったなと思いますね。

――トレーニングメインで利用される方もいらっしゃいますか?

いらっしゃいますよ。もちろん格闘技がメインのジムなのでそこまで多くはありませんが、何人かは最近格闘技全くせずにたっぷり2時間ほど筋トレをされる方もいらっしゃいます。その中でもついにボディビルの大会に出る方が出てきました。ストリートファイターみたいな身体になってますよ(笑)。僕の日々の筋トレは大事、という洗脳効果が出てきたなと思っていますね(笑)。柔術や総合格闘技、ボクシングなどのコンタクトスポーツにおいて身体は資本だと思っています。趣味は別として、強くなりたいと思う人は身体を鍛えていないと話にならないですからね。総合格闘技とか特に全身の筋肉が必要ですから。心肺機能もいるし、筋力、身体の強さもいるし。ウエイトトレーニングっていうのは効率的に身体を鍛えるのに優れていると思いますね。

パラエストラ大阪タクミ画像

――パラエストラ大阪のHPにも記載されています、マーシャルアーツコミュニケーションについて教えてください。

パラエストラ全体のキャッチフレーズで、中井先生が提唱しているものです。マーシャルアーツ※1は言語や人種、年齢などを全てを超越してできるコミュニケーションだということを表したキャッチフレーズですね。私自身海外遠征等を何度かしましたが、英語が堪能なわけではないですし英語圏以外のところに行くこともあるんです。話せなくてもスパーリングをしたら非常に仲良くなれる。まさにそれがマーシャルアーツコミュニケーションだと思っています。喋らなくとも考えていることがお互いわかるといいますか。何十分、何時間とスパーリングをすると何千何万の言葉を交わすよりもめちゃくちゃ仲良くなれたりするんですよね。
私の昔の話ですけど、アメリカに遠征に行ってスパーリングをしたら、ご飯行こう泊まりにおいでとか誘ってくれたんです。言葉も通じない初めて会った人間にも優しくしてくれる、これは間違いなく格闘技の力だと思ったんですね。日本人同士だったら言葉も通じますしコミュニケーションを取れますけど、言語が違っても世界中の人たちとコミュニケーションが取れる一つの言語が格闘技だと思いますね。色んな人にマーシャルアーツコミュニケーションを体験してほしいなと思いますね。

――格闘技の魅力の一つですね。

そうですね、とてつもない魅力だと思います。うちのジムにも色んな社会的な立場の人がいらっしゃるんですけれども、年齢・立場関係なく取っ組み合うわけです。おそらく社会に出ると偉い人も、真摯な気持ちで頭を下げて他の人に技だったりを聞いている。それってとても面白いことだと思いますし、素敵なことだと思います。
格闘技においては世間的な地位や名誉・立場など関係なくなるわけです。そういう感覚を色んな人に身に着けてほしい。格闘技の元で真摯な気持ちになるということを経験してもらえればと思いますね。

パラエストラ大阪タクミ画像

――現在格闘技をしている若い選手へのメッセージをお願いします。

格闘技に限らないかもしれないけれど、若さの特権は失敗してもやり直しがきくことだと思うんです。僕はまだ40代ですけども、50.60代になって失敗したっていうといい年してなにやってるんだ、といった話になると思うんです。20代の方はまだ経験を積んでる段階ですので、多少の失敗をしてもそこから何がだめで失敗したのかというのを分析してやり直してというのが何度かできるはずなので。多少の失敗に目もくれずというか、分析をしっかりと行ってまた立ち上がって目標とかに挑んで欲しいなと思いますね。若い人たちにはそういう思いで頑張って欲しいなと思いますね。なんでもできるんだよ、失敗してもやり直せばいいじゃないと。

※1 マーシャルアーツ...レスリング、ボクシングといった西洋文化に根を持つ術技体系以外の拳法、格闘技、東洋の武術全般を指す言葉として用いられる。

実際に商品を利用したご感想

パラエストラ大阪タクミ画像

キックミットノービスモデルD ブラック×イエロー

https://www.bodymaker.jp/shop/g/gKM090BKYE/
キックミット

固定ベルトがついていて持ちやすいところがいいですね。衝撃もしっかりと吸収してくれるし使い勝手がいいですね。


ダミーミットDX ブラック×イエロー

https://www.bodymaker.jp/shop/g/gKM031LBKYE/
ダミーミット

長く使っているのでロゴが薄くなっているんですけど(笑)。連打したり、ラッシュ系の心肺機能の追い込み練習などによく使用します。全面が覆われているので、どんな攻撃にも対応できますし非常に便利で使いやすいですね。


ケーブルクロスオーバー ショートレンジSP

https://www.bodymaker.jp/shop/g/gTM130BKYE/

トライセプスロープ

https://www.bodymaker.jp/shop/g/gTG137/
ケーブルクロスオーバー

普段よく行っているトレーニングは一番ケーブルフライです。あとサイドレイズですね、普通はダンベルでやると思うんですけど自分はワンハンドルバーを使用して使っています。あと、トライセプスロープに変えてトライセプスプレスダウンを行ったりしますね。サイドに別の商品を取り付けたり、ベンチを使うとまたトレーニングの幅が広がります。このケーブルクロスオーバーは重宝していますね。


パラエストラ大阪画像 パラエストラ大阪画像

パラエストラ大阪

http://www.paraestra-osaka.net/

営業時間:月・水・金曜日19~23時、火・木曜日14~23時、土曜日17~23時、日曜日10:30~12:00(不定期開催、BBS要確認)
受付センター 0120-323-555
直通電話 06-4305-1741
MAIL: dojo@paraestra-osaka.net
住所:大阪市天王寺区国分町18-21大室ハイツ201


中山 巧代表

格闘技歴
ブラジリアン柔術(黒帯)、柔道三段、ボクシング
経歴
パンクラスフェザー級チャンピオン、防衛2回('13/3/17現在)
キング・オブ・ザ・ケージ 元ライト級チャンピオン
ブラジリアン柔術アジア選手権黒帯ぺナ級優勝
ムンジアル2007 アダルト茶帯レーヴィ級3位
プロ修斗 元ウェルター級世界ランカー

女性専用パーソナルジム#Designのシレーナ代表にインタビュー! - 2020年1月31日 12:00

常に美しい身体を求め、ストイックにトレーニングをされているパーソナルジム#Designのシレーナ代表にお話を伺いました!




_MG_1277.jpg

――#Designではどういったトレーニングを行うのでしょうか?

一回一時間の中でお客様のその日の状態に合わせてトレーニングを行うので、どんなトレーニングをするのかは全く決まっていないですね。今日はどんな感じですかとカウセリングから入ります。例えば左足の坐骨神経痛でしびれが出ていて膝の裏まで痛いですとおっしゃったら、まずそこをほぐすところから始めたりします。トレーニングを行うだけでなくストレッチ、筋膜リリース(筋膜を柔らかくし滑りを良くして、解きほぐすこと)をしたりします。OLのお客様にはデスクワーク中にも肩を回しましょう、伸びをしましょうとかいったアドバイスも行ったりしますよ。


――#Designの魅力を教えてください。

ジムに来られている方の一番の理由っていうのが、親の介護を経験して自分はずっと動ける身体でいたいと思ってトレーニングをしに来ましたという方。また、肩が上がらなくかったり腰痛に困っているなど色んな悩みをお持ちの方です。例えば半年前にこのジムに来られた時は肩が全然上がらなかったようなお客様がいらっしゃいますが、楽に動かせるようになるまでお手伝いができました。お客様には「全く肩が上がらなくて仕事にも差し支えがあったのに、今では力が入れやすくなって仕事がすごい楽になりました」との言葉をいただきました。そういった一人ひとりの悩みを一緒に改善していけるところが魅力だと思います。


――利用者の割合について教えてください。

#Designは今のところは健康を意識した利用者の方が多いですね。姿勢改善とか、ダイエット、身体の悩みを良くしたいといった利用が大体を占めています。初めて大会に出場される方で週一でトレーニングされている方もいらっしゃいますね。ポージングを教えたりもしています。


_MG_1282.jpg


――#Designはどういう方におすすめですか?

一生歩きたいと考えている方。やっぱり鍛えないと絶対無理なので。


――こだわりはありますか?

お客様に寄り添うことですかね。やっぱりここに来ていただいて、私に教えてほしいって言ってくださる方は本当にありがたいと思っているので、絶対悩みを解決したいといった思いは強いですね。一人一人との時間を大事にしたいと思っています。
お客様がこの日のこの時間がいいとおっしゃた時間は必ず空けるようにしているので、基本年中無休です。お正月は31と1日だけお休みをもらっていたんですけど、2日から5件トレーニングが入ってましたね(笑)。嬉しい話です。皆さん凄くストイックですよね。


――食事制限などのダイエットとトレーニングして痩せる事との違いを教えてください。

リバウンド率が違いますね。例えば一か月〇㎏落としたい、といった考えは絶対捨てたほうがいいです。焦って食事制限だけで落とすと絶対にリバウンドしちゃうんですよ。今来られている数名のお客様も別のジムで痩せたんですけど、リバウンドしたのでリバウンドしないように痩せたいです、という方がいらっしゃいます。食事制限だけで痩せちゃうと、皮が伸びてしまったりと良くないことが多いんです。運動としっかりとした食事が大切です。食事制限じゃなくて、食事の管理。それで徐々に痩せる事が一番リバウンド率が低いです。食べる時間のコントロールですよね。焦らないことが大切です。


_MG_1291.jpg


――トレーニングを始めたのはいつ頃ですか?

本格的に始めて大会出ようってなったのは5、6年前ですかね。この競技を始める前はシンクロをしていて、中学校の頃からはマシンなどでトレーニングをしていたので、そういうのを含めると結構長いです。本格的にトレーニングを始めたきっかけは冷え性、腰痛改善のため(笑)。フリーダイビングの選手もやっていたんですけど、フリーダイビングをするために筋肉を落としたんですよ。それで結構がりがりになって冷え性になっちゃって。筋力も落ちているから、腰痛とかも出てきたんです。このままじゃダメだと思って鍛え始めました。身体を鍛えていた時にダンスのお仕事も始めていたので身体をもっときれいにしたいという願望もあったのでどんどんハマっていきましたね。


――鍛え始めてジムを開こうと思った経緯は?

私、最初は全くジムを開こうという気はなかったんです(笑)。もともとは東京で本業はダンサー、副業がパーソナルトレーナーだったんです。ジムの経営をやりたいわけではなかったし、そんなに力を入れてなくて。人に教えるよりも自分のトレーニングの方が好きだったんです。大阪に帰って来た時に最初はパーソナルトレーナーを育成するスクールの講師になりました。ある程度人への教え方とかを勉強したときに、私自身も改めて勉強にできたのもあって凄く役に立ったんです。いざスクールの講師になってみるとそこでもやりがいは十分感じたんですけど、少し違うなと思うことが多くて。パーソナルを何本かさせてもらっていて、お客様もそこで凄く喜んでくれていたっていうのもあり自分でできるんじゃないかなと感じるようになりました。もう気分で決めましたね(笑)。


_MG_1253.jpg


――トレーニング・競技の魅力を教えてください。

トレーニングについては魅力というか、私はもうトレーニングしないと身体がおかしくなっちゃうんですよ。そうですね、ある程度体型の維持はできるし筋肉をつけることはいいことしかないですよ。代謝が上がったり、食べても太らなくなったり、体力があるので日々生活しやすくなる。階段上ってもハァハァ言わなくなったり。冷え性の改善もできますし。
競技の魅力は、私自身は皆さんに大会出てほしい!とは思ってないんですけど。出るからにはやり遂げたという達成感を実感してもらいたいんですよ。やっぱり私に付いてきてくださっている選手とか、今から頑張る選手の皆さんって、凄い自分が変わりたい、自分の殻を破りたいっていう方が多くて。知らない自分に会える、ステージに立つことによって今までの自分じゃない新しい自分に会えるという魅力がありますね。


――最近は競技の方向性を変えられたのでしょうか?

方向性を変えたつもりはないんですけど。私が今回筋肉を落としてでも大会に出たかった理由っていうのは、クライアント様に向けてのメッセージですね。私のお客様。自分に甘い方とかもいるので、後悔しないくらいにやったら変われるよっていうのを見せたかったのがありますね。なので方向性を変えたつもりはないです。私がやったから今年は君たちの番だよっていう、圧ですね(笑)。


MG_1111.jpg


――シレーナ代表の目標はありますか?

私自身今は特に目標はないんですけど、それよりも人に教えていきたいという感じですかね。でも関西の女子フィットネスの選手人口を増やしたいという思いはありますね。関西から盛り上げていきたいです。
ジムの方は大きくしたいといった方向の目標よりも、今いらっしゃるお客様を大事にしていきたいですね。



実際に商品を利用したご感想

本革トレーニングベルト women 2穴タイプ


画像

ピンクのトレーニングベルトはBODYMAKER(ボディメーカー)さんで初めて見ましたね。他ブランドさんでは全然見なかったですし、使いやすくデザインもかわいいのでお気に入りです。私は普段からトレーニングの際に使用させてもらっています。





_MG_1301.jpg


――トレーニングベルトの重要性を教えてください。

競技を行う上で選手は絶対ある程度の重さを使わないといけないので、腹圧が逃げないようにベルトを使ってもらっていますね。またもともとヘルニア、腰痛持ちの方にも安全のため使ってもらったりしますね。トレーニングが本格化してきた方には使ってもらっています。トレーニングを初めたての方は逆にベルトをしちゃうと、腹筋を使えなくて腰を痛める原因にもなるので怪我に繋がることもあるので注意が必要です。





_MG_1251.jpg


Private Bodymake Salon #Design


営業時間 7:00 〜 23:00 (最終受付 22時)年中無休
連絡先 080-8923-0314
住所:〒543-0054 大阪市天王寺区南河堀町9-9-205(天王寺駅より徒歩5分)




シレーナ代表

主な経歴
ボディーコンテスト
 
2015年
・NPCJ Blaze Open ビキニ優勝
・NPCJ 広島 Open ビキニ優勝
・NPCJ 名古屋 Open ビキニ優勝
・NPCJ 千葉 Beef Sasaki Classic ビキニ優勝
・NPCJ Leggends Classic ビキニ準優勝
 
2016年
・NPC Florida Naples Classic Bikini Open 準優勝
・NPCJ World Leggends Classic ビキニ優勝
 
2017年
・WBFF ASIA 優勝 
・日本人初プロカード取得
・WBFF WORLD in London 出場
 
2018年
・WBFF WORLD in Las Vegas 出場

前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 次の5件 記事一覧